海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
だがし屋大同楽座をやってるワケ
駄菓子って、まちには必須アイテムです。

駄菓子を取り扱って、すでに7年になります。
最近は、仕入れもするようになって、注文にも応じます。
c0010936_1141133.jpg
尾鷲イタダキ市店


最初の出店は、尾鷲イタダキ市での販売でした。それまでは、当時のカフエクリームと、大同楽座での販売でした。古民家をセルフリノベーションした大同楽座での販売が縁となり、尾鷲イタダキ市にも出店するようになりました。当時、尾鷲イタダキ市には子ども相手の商売がなく、お客さんの要望に応えた形になりました。
c0010936_11412665.jpg
お魚いちばおとと店


そのうち、おととでも販売するようになりました。最初のころは、店頭でのイベント形式でしたが、いまは店内での販売をしています。ここは、商品の入れ替えが早いので、人気商品を把握するにも好都合です。しかし、在庫をそれほど抱えてはいないので、直接仕入れで対応できないときは、市内の大御所にSOSします。
c0010936_1141489.jpg
キタガワノホトリ本店


最近になって、キタガワノホトリでも商品を並べました。スタッフには、子どもらが集まるような宣伝をよろしくと伝えています。キタガワマーケットでも販売していますが、日常的に人が集まる仕組みをつくっていかなければ、維持管理させるための収入はないですからね。ここでしかない商品も並べているので、規模は小さいですがおもっしょいと感じています。

そもそも駄菓子屋ですが、売価が10円や20円と安いので、利益率もほんのちょっとです。仕入れにしても、市内の某駄菓子屋さんのようには手を出せないので、大量でない代わりに単価が上がります。これを売価に乗せるわけにもいかないので、10円売って数円の利益には変わりありません。

しかし、駄菓子屋のある風景は、まちのとって安心のような定番さがあります。子どもが集まり、50円や100円で買える計算をやり、小学校区をまたぐので、集まる友だちとも交流が生れます。店主をやっていると、そのおさない人間模様にも気づきがあります。僕がカフエクリームで販売していたころは、店主の目を盗んでくすねる子どももたまにいて、それに対応することもしばしばでした。そうやって、社会を知るみたいな場面もありました。

損をしない程度であれば、駄菓子屋は務まります。人件費とか考えると別ですが、これからも続けていこうと考えています。また、小口でも注文にも応じるようにします。100円オモチャとかも扱えるので、縁日セットでいくらとかの対応も可能です。

大事なことは、これをアイテムに、地域や人とつながる意識です。スタッフには、口すっぱくいうております。

by kurage874 | 2013-08-20 11:58 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 【飛鳥熊レス村】夏BBQキャン... 暑かった!でも盛況だったキタガ... >>