海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
熊野尾鷲道路がもたらすもの
速報的に書きます。

夕方、熊野尾鷲道路を、尾鷲南ICから、大泊ICまで往復しました。
行きは、平均速度55キロくらいの車に引っ張られ、長い列にいました。
それでも、ICから30分くらいで、大泊まで走りました。速い、早すぎる。

市内で夕食を食べ、熊野倶楽部でお風呂に入って帰って来ました。
だいたい30分ちょいくらいで、駐車場から家まで来ました。早い…

熊野倶楽部では、顔見知りのフロントマンから、「今日は、やはり尾鷲方面のお客さんが多いですよ」って話をしました。「熊野から、尾鷲に行く人もおるやろしね」とのことでしたが、このへんのヒントは、ここではもう書きません。しかし、これって予想以上に、革命的なことが起こるのではと実感(直感)しました。

ストロー現象とか、そんなちっぽけな話ではなく、もっと近い自治体間で、生き残りのような流動があるやに感じます。ライバル意識でやりあうのか、手を携え合うのかは、自治体間でもいろいろとあるでしょう。しかし、人間自体の行き来は、誰に抑制されるものでもないので、アイディアひとつで、この地域の自治体が被る影響は甚大かも知れません。その意味では、うちが某実行委員会の事務局機能を返納させられた結果が、早いうちに出てくるでしょう。その対策を考えて、3年間やってきたこともあるので、このノウハウをほかで試したいとも感じています。

おそらくは、自立しないイベントやなんかは、ほかの魅力にかき消されると感じます。わずか小一時間で、東紀州を行き来できる現実は、やがては消費や生産などを含めた商工業にも影響するし、しいては自治体にも影響するとの見方です。それを如実に実感するのは、イベントごとなどで顕著に出るのではと感じています。たとえば、熊野大花火大会なんかは、上手に自治体間で折り合いをつけないと、自動車専用道路が、出口のない地獄の道にもなりかねません。反対に、輸送路として使えた場合は、これほど便利の良いパークアンドバスライドはありません。しかし、ここに自治体間の思惑はあるでしょう。つまりは、そういうことなのです。

もちろん、否定的な見方は一切していませんし、この交通革命は歓迎すべきことです。手前味噌ですが、飛鳥熊レス村を誕生させた経緯も、この開通前に合わせたこともあります。やはり、飛鳥町は、今後は交通の要所になる可能性があると感じました。ここを拠点に、これまでにない取り組みをしていこうと考えています。来月には、開村式以来の第2弾が幕を開ける予定です。

ちょっと興奮気味にですが、速報として記録しておきます。

皆さんは、もう走られましたか?

■熊野尾鷲道路開通式典の内容について(PDFです)
 http://www.cbr.mlit.go.jp/kisei/kisya/25nendo/130927.pdf

by kurage874 | 2013-09-29 23:57 |  海月のぼやき
<< 生きていく 近況、飛鳥熊レス村 >>