海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【尾鷲イタダキ市】処分通達について
その後の報告です。

■【尾鷲イタダキ市実行委員会】みなさまにお知らせ
 http://crepm.exblog.jp/20772582/

昨日、新理事による理事会が開催され、東紀州コミュニティデザインが大同楽座として出店していた駄菓子屋は、新理事による脱会通告を受けました。誰も取れない責任を取る形で、保留になっていた出店が、やはり認められることはありませんでした。先ほど、商議所局長から、丁寧に説明をいただきました。

これにより、10月以降の出店の可能性は完全になくなりました。そのことよりも、先の緊急全体会において、チャレンジ5の出店者らが、市外からはダメだとの一方的な理由で断られた責任を、東紀州コミュニティデザインが取らされた形となります。しかし、それができるのも、東紀州コミュニティデザインしかなかったと言えます。

また、委託を受けた事務局としては、一連の責任を取らされることに大きな疑問がありますが、結果が全てと仰る通り、甘んじて受けようと考えています。しかし、納得など到底できないので、この悔しさは、他へのバネにします。

事務局としては、企画運営部会や理事会を定例化し、もちろん全てに議事録を残し、全体会や総会においては、同じように議事録や委任状の取り付けなど、当然の仕事を全うしてきました。しかし、「聞いていない」、「勝手に採決された」などと、後出しジャンケンが勝ってしまうのが現状で、結果が全てであれば、そのプロセスはなんだっていいとの現実に、四苦八苦してきました。この一連の事務局改革も、委託を受けてこそできた内容でした。今後は、商議所に事務局が戻りますが、これまでのようには到底できないと言っています。

さらに、解散した前理事の選任においても、勝手にやったという風潮があります。しかし、その前の理事による、「再任を妨げる」の規約改正が総会で認められたことにより、この規約に基づき、元理事による前理事の勧誘が行われていました。この事実も曲げられた形で、今回の新理事には、この改正を決めた当時の理事らが選任されています。これが現実です。しかし、内情を知る立場としては、それがベターであるには違いありません。

ただ、チャレンジ5の出店者らには、本当にご迷惑をおかけしました。すべて、民主主義のもとに決定されたことが、少数意見で反故になったことは、今後の体制に影響しないかを心配しています。到底納得できないでしょうが、事務局委託を受けていた東紀州コミュニティデザインも、甘んじて責任を取りますので、ご理解いただきたいとしか言えません。

今回の件では、商議所トップによる英断で、事務局委託は解消されましたが、せめて、前理事と事務局である東紀州コミュニティデザインの名誉回復には、矢面に立たされ続けたスタッフはもちろんのこと、誠意尽力してくださいとお願いもしました。東紀州コミュニティデザインも、商議所の会員として、多額の会費を納めています。しかし、このような結果となり、大変に残念ではあります。これも結果が全てです。

もともとは、商議所や市担当から、尾鷲イタダキ市実行委員会の自立が打診され、事務局委託が決まった経緯がありました。このことを踏まえて、どこも手を挙げなっかったなかで、東紀州コミュニティデザインが会員でもあったことから名乗りをあげましたが、結果としては大きな痛手と風評被害を受けることになりました。そのことには、ぶつけようのない怒りがあるだけです。

尾鷲イタダキ市においては、2006年から7年間お世話になり、2009年には理事もさせていただき、企画委員長や、2年に渡る改善検討会にも参画させていただきました。熱心な関係者しかほとんど参加のない、毎月2回ほど会議にも出席し、事務局委託をしてからは、スタッフを含めて多大な労力と出費をしてきました。いまは、なんとも情けない気持ちです。この間にも、いくつも困難がたちはだかりましたが、全ては全会員によるところが大きかったです。

先だって、高速道路が延伸し、熊野市まで30分以内、新宮市にも1時間程度で移動できるようになりました。この強みを生かした取り組みが、前理事の体制下で進められる大きな柱でしたが、全てを否定された上での今回の判断は、東紀州コミュニティデザインだけでなく、批判の的になった私としても残念でなりません。これも私の力不足でしかありません。

きっと、次にはいいことがあるでしょう。

悔しい気持ちもありますが、尾鷲イタダキ市は、スバラシイ取り組みです。生かすも殺すも、参加店舗次第です。誰も、なにも、悪くはありません。しかし、現状や見解の違いは、こうも隔たりを生んだり、憎しみに変わったりするものかと、人のなせる諸行に苦悶したのも事実です。目指す先は、皆さん一緒なはずです。

ありがとうございました。

東紀州コミュニティデザイン
 事務局長 端無

by kurage874 | 2013-10-03 12:46 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 靴へのこだわり…なのかな? フィルムカメラをぶら下げて >>