海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
ワインディングロード
早起きして、実家のじいじとばあばとお出かけです。

娘も、寝ぼけ眼で車に乗り、徐々にテンション高めにシフトチェンジしていきました。紀勢道から高速に乗り、名阪経由で天理までが行きの行程です。けっこうスムーズに現地に着いて、今日の団参に加わりました。あまり信心なくて申し訳ないくらいですが、娘と2人、ちゃんとお手振りとお歌は歌えました。しかし、さすがに今日は法被だらけで、着ていないオトンが恥ずかしいくらいでした。そろそろ、手前味噌的ですが、マイハッピを用意しようと思ったほどです。
c0010936_0153418.jpg
娘にとってはだだっ広い


お昼までにお勤めが終わり、昼食は彩華ラーメンへ。久しぶりに来ると、やはり満席満員で、けっこう待ちました。待つことに慣れていないばあばにとっては、苦悶の時間のようでした。娘には、ユウツベという隠しアイテムがあるので、どうにか誤魔化せました。
c0010936_0385332.jpg
久しぶり!


c0010936_0393162.jpg
おこさまセットもあるよ


彩華ラーメンには、いまはなき本店はもとより、同じように無くなった天理商店街脇やオークワ駐車場の屋台、いまのお店より手前にあった簡易テントのお店と、20歳で大阪に行ってから、長い付き合いとなっています。一度行くと、次はしばらくいいなと思うほどに食べてしまうのですが、ふとあの白菜の触感と、独特の辛味が脳裏をよぎります。いつかは、あのスープで鍋がしたいとの衝動に駆られるのです…
c0010936_0452323.jpg
隣はコメダ


このコメダが、いつしか尾鷲に来るのだと思えば、ごめんなさい。僕は足を運ぶでしょう。どの店舗を訪れても、店員のマナーはピカイチです。それだけでも、特筆すべきことです(あくまで私見なので突っ込まないことね)。彩華ラーメンの隣にあるので、娘にとっては初コメダでした。ま、それを体験させたい、ごめんなさい。シロノワールを見せてやりたいと感じた親バカです。
c0010936_0531891.jpg
しかし、さすがにミニ


案の定、娘にはヒットしました。メイプル、アイスクリーム、これだけでも、娘には盆と正月です。しかし、さすがに彩華ラーメンの直後なので、イチゴシェイクも残してしまいました。あの量は、幼い子どもには多すぎます。しかし、このコメダのボトル?飲料、残すとどうなるかを、意外にも知らない人がいるようです。僕もかなり以前に恥をかいたので、それを娘にも体験させようと、ちょい崖から落とすことをフッてみました。すると、「おみせのひとにきいてくる」と、ビンを持って店員さんに駆け寄って、「これもってかえりたい」と言うではありませんか!

ストロー付きのプラ容器に入れてもらい、ご満悦で戻ってきた娘は、「びんはあかんのやけど、こっちはええって」て、満面の笑みでした。よう聞かんと残してくる人もいるのに、その選択ではなく、店員に聞くと言う選択をした娘に、オトンは親バカ以上の感嘆を感じたのは言うまでもありません。しかし、このサービスって、どこにも書いていないので、実は裏サービスだったらごめんなさい…
c0010936_101123.jpg
知る人ぞ知る風景


コメダをあとにし、ちょっと寄り道しながら、帰りは温泉と夕食に決まりました。しかし、どこの温泉に行くのか、どこで夕食にするのかなど決めずに走りだし、とりあえずは165号線を目指しました。途中にみむろがあるので、ここでお土産を手に入れて、櫻井方面から榛原方面に左折しました。走っていくうちに、とりあえずは御杖村を目指すことにし、姫石の湯がおぼろげに浮かんできました。分かる人には想像できるでしょうが、けっこうな道のりを走ることになり、曽爾高原やら名張やらの看板が見えるたびに、ばあばは、「どこ行っとるん。なんで山のなかばっかりなん」と、山中ドライブが苦手なばあばらしいツッコミがありました。
c0010936_113351.jpg
暗くなってきた…


ここで小休止し、さらに飯南に抜けました。この道の細さと、険しさと、淋しさは、確か今年は2回目ですが(昨年だったかな…)、166号線に出てからも、42号線まで出るころにはすっかり夜になっていました。しかし、確実にまちの明かりがはっきりと多くなり、彩華ラーメンとミニシロノワールも、こなれてきていました。車に乗ってすぐに寝た娘も、目を覚ましてエンジンがかかってきました。娘のご希望で、夕食はくら寿司と決まり、松阪の大黒田まで走ってきました。しかし、1時間ほども待ちぼうけをくらい、30分で食べ尽くしてあとにしました。娘は、大小10貫ほど食べていた計算になります。デザートのももシャーベット付きでね。

その後、42号線を南下し、定番の多気の湯で汗を流して帰着しましたが、姫石の湯を想定しなければ、素直に166号線を走ってくるか、松阪での食事をするならば、行きと同じコースをたどるべきでした。時間的には、ちょうどよい飯時とお風呂でしたが、移動距離は無駄に長く時間がかかりました。しかし、オトンにとっては、気持ちのよいワインディングロードでした。

今日の感想ですが、とくに帰りの道のりで感じたことは、人って、どんなところにも棲家を見つけて生活を送っているものです。生活様式に多様性があって当然ですね。当たり前のことですが、よい気づきになりました。

by kurage874 | 2013-10-28 01:34 |  諸国漫遊記
<< 日替わりコックさんの敷居は高く... 古里探訪 >>