海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
急ぎの仕事内容ですが、興味関心湧きますかね?
東紀州コミュニティデザインがやっている仕事内容です。
c0010936_2373813.jpg


現在、以下の14項目を、急ぎの仕事として進めています。また、これを進めてくれる人を募集しています。しかし、これは誰に命令されたわけでも、予算がついて実行することでもありません。必要と勝手に判断して、それが実行された場合の計り知れない効果を期待して、使命感をもって進めています。

 1.日替わりコックさんの広報手段と実践(予定表あり)
 2.日替わりコックさんの勧誘手段と実践(チラシあり)
 3.キタガワマーケットの広報手段と実践(チラシ朝までにOK)
 4.キタガワマーケットへの出店勧誘と実践(チラシ朝までに)
 5.2日のコツまみバルの広報と準備など(チラシあり)
 6.9日の南三重うまいもん市の広報と準備など
 7.17日の紀北町防災研修会のスタッフ募集と周知
 8.facebookでのネット販売の出店案内(チラシあり)
 9.facebookによる関係する紙媒体、事業所の紹介(事例あり)
 10.音楽室の片付けと整理(視察増えてますよね)
 11.ギャラリーCO-DOの広報と実践(17日に合わせて)
 12.11月2日までに各種のぼり到着
 13.facebookの更新方法と実践
 14.12月のキタガワマーケットでやる、味噌づくりの進捗

ここに、東紀州コミュニティデザインの難しさがあります。それは、中間支援とか新しい公共に通じる難しさですが、主宰する僕の能力にもよるところが大きいです。それはもう致し方ないことです。しかし、日常生活にプラスの喜びや楽しさを考えると、やらずにはいられないことばかりです。また、そう感じる人たちが、集まっているからこそ、細々ながらもできるんですけどね。

なので、東紀州コミュニティデザインやここでやっていることに興味関心がある方は、一度くらいは足を運んでほしいものです。対岸から見ているだけでは、良い部分しか見えないかも知れません。反対に、悪い面しか見えないかも知れません。やはり、現場を見るということが、一番に体感できる事実です。

もっと小奇麗にやってくれる人がいれば、いつでも僕は立ち止まるんですけどね。

by kurage874 | 2013-10-31 23:08 |  東紀州コミュニティデザイン
<< キタガワマーケットへの参加をお... コツまみバル2013 >>