海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
スケッチ・オブ・ミャークin熊野上映会実行委員会のプレキックオフ
あったらいいなを実現します。

スケッチ・オブ・ミャークin熊野上映会実行委員会が立ち上がりました。来年2月に、尾鷲市、新宮市、田辺市で、3市連携の上映会を開催します。そのとりまとめを、東紀州コミュニティデザインが担当させていただき、29日の夜に、この日に集まれるスタッフでプレキックオフをしました。
c0010936_9382649.jpg
フライヤーの制作


スケッチ・オブ・ミャークは、封切りから1年を経過していますが、各地で自主上映会が開催されています。三重県でも、伊勢市ですでに上映会が実施されました。このときは、大西監督がトークショーをやってます。今回の、熊野での上映会では、この映画に深く関わった久保田麻琴さんがトークショーをやります。さらに、田辺会場では、濱口祐自さんのライブも同時開催です。濱口祐自さん、知らない方はお見知り置きください。
c0010936_9433534.jpg
プレキックオフの様子


まともな写真を残していませんが、プレキックオフには5人が集まりました。紀北町、尾鷲市、御浜町から集まりました。僕は、尾鷲会場のカウンターパートも兼ねていて、総合司会のシロ-さんと、皆さんの顔合わせもしました。現在、あちこちからスタッフを募り、10人くらいからこの指とまれ!をしてくれています。まだ募集していますよ。

大事なことは、スケッチ・オブ・ミャークの自主上映会を成功させることも、ですが、こういった集まりを大事にしながら、この地域の可能性を未来に繋いでいくことです。この地域って、尾鷲市とか、熊野市とかでなく、すくなくとも紀伊半島南部を射程に入れています。いつもいうてますが、自治体の境で物事を考えていては、日本は残っていきません。普段からも、僕たちは自治体の境で動いているのではなくて、いいもんがあればどこにでも行きますもんね。

話はそれますが、中上健次の紀州を読んだときから、僕は自治体の枠で考えるのではなく、人の流れで考えるようになりました。熊野高専時代のことですが、この考えだけは、いまでも変わらずに押し通しています。尾鷲に来てからも、人を中心に考えることで、この地域の未来を妄想しています。魅力がなければ、人は去っていき、魅力があれば、人はしがみついてでも残り、遠方からもやって来るのです。

さらに話はそれますが、僕が尾鷲市議として負託をいただいたときも、この考えは根底にありました。しかし、自治体の枠で動くことが使命となる議員は、僕の考えとマッチングしないことも多々ありました。やれることの大半は達成できませんでしたが、枠内で動く大事さと大切さも学びました。だからこそ、今後の自治体は、自治体の枠をコンパクトにしながら、人の流れを見るべきだと結論づけています。
c0010936_10197100.jpg
僕の好きな花


さてさて、スケッチ・オブ・ミャークin熊野自主上映会実行委員会は、無事に盛り上がって終わりました。アルコールなしで、たんたんと話が進むのもよかったです。今後、さまざまな仕掛けをして、スケッチ・オブ・ミャークの上映会を迎えることになります。尾鷲会場では、県立熊野古道センターに、約100人を集めないと赤字です。

ただ、赤字解消も大事ですが、今後に展開していく2014年のプロジェクトにとっては、大きな第1歩となるはずです。早い目に参加していただくほうが、より楽しさを共有できますよ。なんでも、一番がいちばんです。

by kurage874 | 2013-12-31 10:23 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 紹介したくはないお店なんですが… メディアの力、伝える力 >>