海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
余計なことを考える
年末年始に出会った言葉たちを…

尾鷲に来て8年が経ち、4月が来れば9年目です。
しかし、そのときは、尾鷲におんのかな…ま、いっか。
c0010936_1522957.jpg
野良作業中


年末、スケッチ・オブ・ミャークin熊野上映会実行委員会のスタッフで集まりました。大げさに言えば、僕を軸に集まった仲間ですが、その仲間が僕を越えて繋がることに、僕は使命を感じてしまいます。そうでないと、このようなことを8年もしてきた意味が見出せません。しかし、ほんとにやりたかったことは、実はできずじまいです。それはもうどうでもいいことなのですが、喉に引っかかった魚の骨のようでもあります。

この委員会では、田辺市、新宮市にも、カウンターパートと呼ばれるスタッフがいます。自主上映会を実施するにあたり、現地と事務局を繋ぐ橋渡し役です。事務局は、東紀州コミュニティデザインが請け負っており、事務局と久保田麻琴さんを繋ぐカウンターパートもいます。これも大げさに言えば、東紀州コミュニティデザインが軸となり、この上映会の成功をスタッフ全員で勝ち取ろうとしています。

そのカウンターパートとの打ち合わせで、興味深い言葉に出会いました。

「仲良くならないと、その先に進めないのは面倒臭い」

何かをするときに、この地域では仲間を募らないとできません。絶対数が少ないので、どうしても仲間が必要となります。しかし、その仲間を集める段階で、仲の良さを起点にすることが往々としてあります。一方で、もともと友だちだった人たちの集まりは、はたからみると閉鎖的にも感じます。仲間を募集しても、元の集まりの仲が良すぎて、入りにくい雰囲気を感じることもあります。しかも、同じように仲良くならないと、密なイベントには誘われないことがはじまります。

僕自身も、これには気を使います。普段の僕は、人との付き合いはほとんどありません。寂しい感じがしますが、どこか一定のサークルや、内輪にはいないことで、自分なりの中立を保っているところがあります。家族ぐるみ、仲間うちで、なにかをするようなことはほぼありません。しかし、そう言う状態でなにかに挑んでも、周りはそう見てくれないこともあります。「また、端無の仲間か」で片付ける人もいます。しかし、僕の中では、仲の良さを全面に出してしまうと、人の集まりも頭打ちすると考えています。

「あの人おるから、関わりたくないんさね」

この地域では、けっこうよく耳にする言葉です。同じことをやっていても、連携も協同もできないのは、この意見を先行させる人たちがいるからです。簡単にいえば、そんな人はほっとけばいいし、そんな人には未来はないと思えばいいだけです。一方、なかには、そういった活動を行き来できる人もいるので、なんとか体裁を保っているような活動もあります。かと言って、それ以上のことはありません。そうやって、人口が減り、災害ごとに疲弊し、いつしか霧散していくのがこれまでの実感です。

僕の場合は、災害現場での活動をライフワークにしてきたので、仲の良さを優先するよりかは、できるかできないかで判断する節があります。できる人とはタッグを組み、できない人は無視をする。これをしないと、災害現場での迅速な活動が保証できません。場合によっては、できない人が周りに多いと、身の危険も生じます。しかし、普段の活動はこれでは構築できないので、できる人もできない人も、その場にいることを必要とします。人には、それぞれ役割があるので、できる範囲とできることがあるのです。しかし、災害現場での活動を見聞きする人たちが、僕の評価を勝手にやっていることもあります。

楽しければ、一緒にやればいい。未来に繋がることなら、タッグを組んでやればいい。極論は、これしかないのですが、そうはならない現実を、この8年間で実感してきました。僕のやり方、進め方にも課題や問題はあるでしょうが、先導もできない人たちが、言葉尻や言いたいだけの非難で対論を示さないことには、ほとほと困るばかりです。しかし、そこを相手にしていては、やりたいことはできないし、反面教師にでもしていただいて、より良いようにやってくれればいいだけのことです。その見本、手本となることを、ここ最近は強く意識しているところもあります。とくに、こういった活動には、比較検討できる材料がなによりも必要なのです。その評価をすることで、さらに良いやり方が見つかるはずです。

だからこそ、仲が良くならないとはじまらない活動は、ただのサークルでしかなく、存在を否定することはありませんが、付き合っていく面倒さを僕自身も感じます。それを実感している人がほかにもいて、嬉しいような、苦労を知っているだけに、苦笑いをしたところです。目的が同じならば、講じる手段はいろいろあっていいはずです。周りから見れば、それはどれも目的に沿った仕掛けに見えるので、結果的に目的達成がしやすくなります。あちこちで仕掛けをやって、どこかで繋がっていれば、周りはその連携のような仕掛け方をスゴイと言うはずです。仕掛けをする側は、目的を持つよりかは、多くの手段を講じた先に、人は目的を見出すことに気づくべきだと考えるのです。

この地域は、都会並みに欲しかったものが出揃いつつあり、共存共栄できないことにも直面しようとしています。揺るぎなく残るのが大自然ですが、それにもキャパシティがあります。一方で、大自然が残る理由には、脈々と受け継がれている人の生活が保たれていることもあるでしょう。そこに視点を置いとかないと、これまで保ってきた人たちを蔑ろにしかねません。また、そこに暮らす人を無視しても、大自然やその営みは残ってはいきません。さまざなまヒントは、この地域の暮らしに秘められているものです。

「あれ、何をいいたかったんだっけ?」

娘の遅いお昼寝に付き合っていたら、話の骨子を見失いました。しかし、僕のやり方は、仲が良いことを起点にするのではなく、同じ目的で進めていくことを主眼としています。そこには、議論も討論もでてきますが、目指すものが同じであれば、解決の糸口はきっと見つかるはずです。年末に、そんな人たちに出会えたことは、今後の僕にとっては大きな成果でした。人の活動は、自治体の枠で考えるのではなく、人の流れで考えることに、太鼓判を押していただいたようにも感じました。今年、さらに面白くなること間違いないです。地方自治法の生き残りは、まさにサバイバルでしょうが、この地域全体の人の流れは、これまで以上の革命を起こしそうな気がしています。

by kurage874 | 2014-01-03 15:57 |  海月のぼやき
<< うどん喰って、初温泉の段 何もしない正月? >>