海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
協創シンポジウムに参加する
朝からアスト津でした。

午後からはそうぶんでしたので、1日津にいました。
c0010936_22125920.jpg
代表理事の挨拶


主催は、三重県と、NPO法人みえNPOネットワークセンターでした。僕は、この法人の理事をさせていただいているので、受け入れ側になります。しかし、東紀州地域からの参加は、ほぼありませんでした。お恥ずかしい…
c0010936_22153337.jpg
寺島実郎氏の基調講演


このイベントの目玉は、寺島実郎氏の講演でした。僕が興味を惹かれたことは、「アメリカの凄さは、NPOに関与している1000万人の人たちが、年間200万円の収入を得ながら、社会貢献していること。これが立派な仕事になっている。比較して日本では、約5万人と言われる人たちが、善意による活動に依存している」でした。

年間200万円は、子育て世代には厳しい収入ですが、それでもこれだけの収益が出ているという点ではスゴイことです。手弁当で、浪費しながら世間に尽くすことが多い日本のNPOでは、考えられない出来事です。一方で、人のお金をアテにして、それでしか活動しないNPOもあるので、このギャップにはいつも辟易します。
c0010936_22193748.jpg
パネルディスカッション


第2部のパネルディスカッションでは、三重銀総研の筒井副社長が言っていた言葉が印象的でした。「市民活動やNPOには、専門性、地域性、そして共感性が求められている」とのこと。”共感”は、確かにそうだと感じました。しかし、僕がしっくりこない気分になるのは、たとえばこの会場に、東紀州からの参加者がほとんどいないことでした。ちなみに、ふだんはまったく関わりを持っていない、尾鷲と熊野の庁舎の担当者の名前は名簿にありました。いたかどうかも知りませんが…なんか、東紀州コミュニティデザインの力不足を感じました。

だだ、困っている人、助けを求めている人、声をかけて欲しい人、そんなほっとけないところに手をさしのべる、寄り添うってことは、僕や東紀州コミュニティデザインはできていると感じています。しかし、もう少し大きな共感にはなってないんだろうなあとも感じます。もしかすると、その共感のなさは、裕福な、あるいは現状で幸福な人が多いってことかも知れないなと感じます。それはそれでよいことでもあります。だからこそ、取りこぼしなくやっています。

パネルディスカッションのやりとりを聞きながら、キタガワノホトリ(民設民営の東紀州市民活動支援センター)に、年間350万円を投資して、収益は150万円、残り200万円を毎年負い続ける活動って、ほんとはやってはいけない、やるべきでない活動なんだろうなあって。もしも、この200万円を、地域の多様な主体が支えてくれたら、アクティブシティズンも浮かばれるんですけどね。そう言う意味でも、今年は、市民ファンドをはじめていい時期かも知れないなあ…NPO法人みえNPOネットワークセンターの服部代表理事の言うように、孤独になるってわかるよなあ。率先市民て、そんなもんなのかな?県南の状況て、実は相当深刻なんだけどな。
c0010936_22304539.jpg
交流会


いい刺激を受けながら、交流会にも参加して、本当のアクティブシチズンって、どれだけここにいるのかなとか考えていました。また、アクティブシチズンって、僕がよく使う率先市民(この言葉自体には、それを提唱した先生がいるのですが…)のことですが、実際に実践できている人のことだとも感じるので、それをどう中間支援組織が橋渡しをしていけるのかだろうな。この場には、市町の職員や、社協職員の姿はわかりませんでしたが、多様な主体が集まってこないと、交流会の真の交流にはならないなあとも感じていました。その場限りで流れていく会というのを、僕はとても気にします。盛り上がっても、そこでオシマイって、なんか寂しいですもんね。
c0010936_23145194.jpg
ポスター展示



by kurage874 | 2014-01-11 22:38 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 紀伊山地の世界遺産を考える やきやまふぁーむのランチ、あります >>