海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
紀伊山地の世界遺産を考える
壮大なテーマに惹かれました。

そうそうたるメンバーを集めた県立図書館もスゴイです。
会場内は、ほぼ満員御礼でしたし、興味深い話が連続しました。
c0010936_22414969.jpg
花尻薫さん


最初に、花尻薫さんの講演がありましたが、花尻さんがいたから、伊勢路が世界遺産に登録されたといっていいでしょう。世界遺産とかほど遠い以前から、花尻さんは郷土の風土や歴史、史跡を追い求めていました。こんな変わったオッチャンがいたおかげで、この地域のさまざまなものが守られてきたはずです。なんか、南方熊楠と被りました。
c0010936_22454529.jpg
鼎談


その後の基調スピーチでは、登壇された4方の言葉をtwitterに書き留めました。

本宮大社宮司の九鬼さんの言葉
 「熊野は、生きながらの黄泉がえりの地」

作家の中上紀さんの言葉
 「熊野の山のなかは、魑魅魍魎が跋扈している」

金峯山寺宗務総長の田中利典さんの言葉
 「世の中は現金なもんで、(訪れる)人が増えると、まちの人も変わる」

宗教人類学者の植島啓司さんの言葉
 「(熊野の)大馬神社に行ってきた。素晴らしかった」

熊野には、死後の世界観があったのだと、その世界を感じながら巡礼することで、死んでからのご加護みたいなんを、熊野の神さんに願ったんだろうかと感じています。生きながらの黄泉がえりとは、つぼ湯の小栗判官を地で行く話ですし、魑魅魍魎の気配を感じながら巡礼することで、人は死後の世界観を掻き立てていたのかも知れません。それでも生きながらえて、熊野三山に参詣することは、生への証明だったのかも知れません。やはり、この地域の面白さは、どこか神の世界、地獄の世界と、現世が繋がっているような気がするところです。

また、田中宗務総長が言ったことは、カストディアンに繋がる話で、4年以上前から言葉にしていることがスゴイと感じました。あれ以来、すぐに感化される僕は、東紀州のカストディアンを自称しています。

■世界遺産と熊野古道で何が変わったのか?
 http://crepm.exblog.jp/12588355/

後半、神仏習合思想について、それぞれの意見が出ていましたが、それは次のテーマと切り上げました。これはとても楽しみなテーマで、熊野の精神性について、切り込んでいくような気がしています。ぜひ、県立図書館においては、間髪入れずに企画してほしいものです。

あらためて僕なりに感じたことは、登壇した4方は、皆さんこの地域が好きでたまらないってことでした。そう言う人たちが、この地域に点在しているのは、地域に根ざした活動をしている僕たちにとっては、とても心強いことであります。この地域が三県にまたがって世界遺産登録された意味や意義は、これから先に大きく良い影響を与えるかもしれないなと感じたところです。そして、世界遺産登録10週年を迎える今年は、なにか良いことありそうな気がしてなりません。また、そうなるような仕掛けをしていく考えです。

by kurage874 | 2014-01-11 23:13 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 【LATITUDE E5500... 協創シンポジウムに参加する >>