海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
キャロライン・ケネディ駐日米国大使が言ったこと
これは、意見に対する非難ではありません。

しかし、非難という名の彼女の”懸念”について、一人の日本人として意見しておきたいと感じることです。在日大使という立派な肩書がついているだけに、他国の文化や慣習について、一方的に言われる筋合いはありません。非難に非難するのではなく、きちんと意見しておきます。
c0010936_2345965.gif


このツイートについて、僕は「他国の文化(食文化)について、それを文化や慣習と感じるか、非人道的と、非難という名の懸念をするかは、個人の自由でほかならないけれど、その肩書でやっちまわれると、僕としは”It's none of your business.”って感じですよ。」と返信しておきました。twitterは140字ですので、僕としてはこれで十分です。もちろん、相手からの返事がほしいとか、それがなければ次の手段てこともしません。

しかし、おなじ動物を殺し、ミンチにしてまで食べている在日大使が、それがイルカやクジラとなると、なぜかそれがOKで、こちらがNOとなるのかの理解ができません。しかし、その理解できないことこそが”文化”であり、”慣習”であると感じます。また、そのことについて”理解”するのが、国際交流の第1歩ではないでしょうか?

必要以上に捕獲していないし、脈々と受け継がれてきた慣習を、”伝統”として受け継いでいるだけのことです。当たり前ですが、それが日本という国の”文化”なのです。かといって、日本人全員が食するものではなくなっているし、地域性の強い食文化でもあります。狭い島国ですが、地域性豊かな食文化があるのです。

問題となっている現地には、様々な手段で抗議活動をしている人たちがいますが、彼らもコンビニやスーパーで買い物をしていると聞きます。そして、そこで売られているものを疑わずに食べているはずです。もしも、痛烈に捕鯨やイルカ漁に反対するならば、その食べている素材がどのように生産され、そこに至るまでにどれだけの罪を犯しているのかを、紐解いてほしいものです。僕は、それが悪いとも思いませんし、罪とも思いませんが、そこに罪や罰を見出しているのが、彼らの活動の原動力になっています。単に、その矛先に利益があるかないかだけのことでしょう。

だからこそ、私たち日本人は、手を合わせて「いただきます」と感謝するのです。命をいただいて、頂戴していただきますってことなのです。在日大使は、食事をするときに祈るのかは知りませんが、しているならば、その祈りは、違ったものへの祈りなはずです。命について、いただきますとは言っていないはずです。

しかし、愚かなことをやったまでですが、それが日本や日本人に対する見方なのでしょう。

■ケネディ氏「イルカ漁は非人道的」に反発の声 安倍首相Facebookにも飛び火、盛り上がる (1/2) : J-CASTニュース
 http://www.j-cast.com/2014/01/19194476.html

by kurage874 | 2014-01-20 02:35 |  海月のぼやき
<< 日曜日の日替わりコックさんは、... 第29回キタガワマーケット >>