海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
なんとかなるものなら、なんとかしたくありませんか?
寒くなってきましたね。

この場所、この写真からわかりますか?
c0010936_1517843.jpg
当時の写真


「出征将兵武運長久祈願 大日本婦人会飛鳥村支部」って書いてある通り、これは第二次世界大戦の頃の写真です。実家にあったものですが、このバックに映っているのが、大泊の観音道の最終地点、当時のお堂の姿です。
c0010936_15153263.jpg
現状


いまは、本堂が撤去され、荒れ放題に無残に残っているのが、当時の写真でいうところの右側です。世界遺産登録されている場所ですが、それが原因で撤去できないのかはわかりません。しかし、忍びないほどに崩れているので、なんとかなるものならと考えています。

現状の写真は、先だって、僕の両親らが参詣したときに撮影されたものですが、僕の父方のばあちゃんの家系と、この観音堂には深い関係があります。実際にも、このお堂の宿坊に住んでいて、当時を切り盛りしていたということです。僕が小さいころ、ばあちゃんからは、「高野山に空飛んでいったそうじゃ」とか、「滝で修行しとった」とか聞かされたことがあります。

縁があることもあって、せめていま残っている廃墟を整理できないかと感じるのです。この観音道は、地元の方の努力により、とてもキレイに整備されています。道標となる33体の観音さまも現存しており、観音信仰が盛んだった時代には、多くの参詣に訪れたと聞いています。いまは、ハイキングコースにもなっていますが、信仰の道として、いまでも祈願に訪れる人もいるようです。

実は、僕は娘ができるまでに、当時の妻と一緒に祈願しに行きました。すぐには授からなかったので、産田神社と花の窟と、そしてここにお参りに来ていたのです。この3点セットで、観音さまのような娘が生まれたと思っています。僕の御守護神が、千手観音菩薩なので、観音さまとは縁があると思います。信心は足りませんけどね。

さて、こうまでして書いたからには、次になにをするか、ですね。

by kurage874 | 2014-01-21 15:33 |  海月のぼやき
<< 【尾鷲&新宮会場】スケッチ・オ... キンコとおからドーナツの挑戦 >>