海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
災害時における他団体連携についての意見交流について
三重県南部、あるいは紀伊半島南部から、災害時にできることを、平常時からしていきます。

来年度の事業に組み込む予定で、意見交換会を実施します。今回は、熊野レストレーションや学生ボランティアなどに声をかけ、他団体連携についての考えや提案を集めたいと考えています。頭のなかでは、事前会議の前の会議です。災害時における他団体連携は、つまりは平常時の連携を模索することなので、どこまで裾野を拡げるかなど、専門性をキーワードに考えていきます。
c0010936_17282222.jpg


もともとは、県内で模索しようと努力していた時期もありましたが、表と裏、本音と建前に一喜一憂するよりかは、必要と感じる、または感じられる組織団体とタッグを組むほうが、当たり前ですが近道と思い直しました。東日本大震災や2011年の紀伊半島大水害を目の当たりにすれば、面倒な駆け引きみたいなことをするよりは、ストレートに意見が出し合える関係性で進ませたいと感じるからです。
c0010936_17351970.jpg


大きな災害だけでなく、小規模な災害においても、困り事や悩みを抱えている原因はさまざまです。解決に導くには、従来の災害ボランティアセンターの機能だけでは足りないことも多いです。災害ボランティアと一括りにしてしまいがちですが、持っている技術や特技、実践できる資格などは多種多様です。それを災害時に効率的に活かすには、この両者を繋ぐ橋渡しも必要です。本来の災害ボラセンは、この機能を持ち合わせているべきですが、多くの現状をみると、その奥にあるものを活かしきれずに、全員が同じ作業をするしかないのです。そして、避難所や現地では、多くの問題が根本的に解決されないままなのです。
c0010936_17433019.jpg


そこで、平常時から他団体が連携して約束事を決めておけば、その連携を現地で有効に作用させることが可能となるかも知れません。もちろん、自治体行政や地元社協、自治会などの地縁団体の理解も必要ですが、まずは支援する側が、なにができてなにを連携していくのかを、事前に共有しておく必要を感じています。東日本大震災がきっかけで、この連携の模索はあちこちで進められていますが、すべてにおいての連携は難しくても、熊野レストレーションのようにチェンソーという資機材を有益に使ってきている団体を軸に考えれば、その連携を形することは可能です。
c0010936_1758165.jpg


熊野レストレーションでは、災害時におけるチェンソーを使用した他団体連携で、大阪に拠点を置いている森林保全関係のNPOの勉強会にも参加しています。また、東紀州コミュニティデザインも、滋賀県内のNPOセクターの勉強会に参加させていただくことで、広域連携を模索しようとしています。共通の課題を感じる経験があったからこそ、なにをすべきかを形にしていく必要を感じています。誰に言われたとか、なにかの補助事業でやっているわけではないので、いつまでに形にするとか、どこで終わりとかありません。しかし、こうも災害が全国的に発生している現実をみれば、急ぎ考えたい連携ではあります。

その意見交流を、2月の第3土曜日の夜に開催します。食事をともなってですので、白熱した議論になるとか、ここまでのことをやるとかもありません。なんとなく集まった人たちで、第1歩を踏み出すきっかけをつくりたいと感じています。その動向をみてから、次のステップを考えていきます。なお、この食事をともなっての交流会は、だれでも参加可能です。ただし、食事の用意などがありますので、事前に参加表明をいただきたいです。

東紀州コミュニティデザイン
 事務局長 端無徹也

by kurage874 | 2014-01-29 18:11 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 【ギャラリーCO-DO】熊野写... 【森林里山保全事業】【DRT事... >>