海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
熊野川を軸とした地域づくりを妄想する旅
タイトル大げさです…が。

男3人で、紀和に行ってきました。娘もおるけど。
20代の二人は、熊野市への移住者です。嬉しいね。
c0010936_2110050.jpg
腹ごしらえ


紀和の名店で腹ごしらえをして、湯の口温泉からクネクネ山道を走り、小船に向かいました。区長さんにお会いし、3月2日(日)に開催される梅まつりのお手伝いの打ち合わせが目的でした。3年目を迎えるお手伝いは、熊野レストレーションにとっても、また、橋渡ししている学生ボランティアのIVUSAにとっても、熊野一帯の今後の生活支援を考えた原点です。2011年の災害をきっかけに、中山間地域の生活支援をどのようにしていくかが、熊レスには大きな課題として、いまなお考え続けています。そして、実践あるのみです。

今年は、当日のお手伝いを充実させ、より明確な役割分担に関わらせていただくことで、来ていただくお客さんのおもてなしを考えようとしています。広報手段についても、facebookを活用することで、より多くの関心をひけないかと妄想しています。熊野レストレーションとしても、当日のボランティアを募集していくので、ぜひ、興味関心ある人の参加をお待ちしています。なお、前日宿泊も可能で、湯の口温泉のコテージやバンガローで宿泊します。ここでの夕食も、そのあとの交流会も、ぜひご参加ください。追って、募集案内もします。

また、新宅区長さんから、この地域一帯の集落支援のあり方や、小船での理想などのお話を聞くことができました。僕も、一緒に行った2人にも、この話の重さというか、自分自身の役割を感じたことと思います。一過性でなく、かと言って過剰でもなく、息の長い支援のあり方は、マンパワーでもあり、スモールパワーでもあります。コンパクトシティを考えていく上でも、コミュニティをどのようにデザインしていくかが、この地域一帯にも求められている気がしました。また、自治体の境目ばかりを気にするのではなく、熊野川を軸に考えていくことで、連携や共有できることもあろうと感じました。当然、川向かいの熊野川町に、その答えもヒントもあるのです。それは、熊野川町にとっても同じです。

地域資源を活用し、横と縦のつながりを大事にしながら、慎ましやかに生活していくことは可能です。また、苦労を共有してくれる人たちがいると、それだけで精神的な支えにもなります。僕の役割は、そういった橋渡しやアイディア出しくらいですが、僕自身の後ろに控えてくれている豊富な経験者や実践者が、移住者と地域の関係づくりにも寄与してくれるはずです。そこに、熊野レストレーションやIVUSAとしての役割もあるはずです。

小船を後にし、災害以降に行ったことがなかった花井地区に寄ってきました。2011年の災害で大きく被災し、いまは無人となった地域です。人の気配がする人家もありましたが、災害で壊れたままの人家もありました。僕が最後に訪れたのは30歳の頃だったので、そのときの様子と比較できないくらい、様相が変わっていました。手立てをこうじないと、こういった地区には廃村という現実が襲うことを、同行の2人も目の当たりにしたと思います。人のいない集落は、さすがに重たい気分になり、梅の蕾の膨らみが、さらに追い打ちをかけてくるようでした。

廃村を無くすとか、こういった地域に人口を増やすとか、そんな大げさなことは言えませんが、手立てを考えて広報し、実践しながら挑戦していくことは、それほど不可能ではないはずです。こうして熊野に移住してきた若い世代は、僕らよりも柔軟な考えをめぐらし、あとに続くものを引き寄せると感じています。そのとき、あの花井地区のように、対岸に熊野川町の九重が目と鼻の先にあることを考えると、自治体の境目を気にしてはいけないとも感じるのです。おそらく、渡し船を走らせれば、ものの数分でたどり着くことができるのです。

もちろん大事なことは、そこに住んでいる人たちが、それを望んでいるかどうかも、大きいと考えています。そういう利害関係が一致すれば、実践あるのみだと、そう感じた1日でもありました。

花井の帰りには、湯の口温泉にも立ち寄って、当日の宿泊先となるコテージも見てきました。もちろん、せっかくなので、温泉にもつかってきましたが、高温泉が豊富に出ている紀和町は、熊野市にとっては大きな地域資源だと、容易に感じ取ることができます。僕の妄想ですが、この湯の口温泉は、奈良県の小処温泉のようになっていけば、面白くなるだろうなと感じています。やはり、秘境感てのは、ここにはよく似合っています。湯の口温泉に来てまで、遊具で遊ぶこともないだろうし、ここでしか味わえない桃源郷が、湯の口温泉らしいと感じます。

僕の体は、まだほんのりと、湯の口温泉の泉源の香りがしています。

by kurage874 | 2014-02-02 21:44 |  東紀州漫遊記
<< 【尾鷲で野宿】紀伊半島南部を訪... 【スケッチ・オブ・ミャークin... >>