海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【尾鷲会場】スケッチ・オブ・ミャークin熊野がはじまる
c0010936_1415353.jpg
満員御礼


スケッチ・オブ・ミャークin熊野が、尾鷲会場を皮切りにはじまりました。19時の開演が遅れるくらいに、当日券を求める人もたくさん来ました。用意したイスを、急ぎキチキチになるまで詰め込みました。お客さんにも協力していただき、1席でも空いてるところに、来場者全員が座ることができました。しかし、スタッフ全員は、映画はオアズケとなりました。手作り感は満載でしたが、スバラシイ幕開けになりました。

スケッチ・オブ・ミャーク自体の考察は、明日もあるので控えますが、オーディエンスの誰しもが、席を立つことなく、終演まで見つめたままでした。僕は、映写室で音響や照明や空調を担当していましたが、小窓から見える皆さんが、スクリーンに釘付けになっている姿に感動していました。凝視するという言葉ありますが、まさにそんな感じの食いつきようでした。

この映画、人の魂を揺さぶるなにかを秘めているのです。

そのなにかを求めて、それぞれが音の旅をしているようであり、ミャークに自分の人生や生き様を重ねているようにも見えました。また、ミャークのお婆たちが、アッケラカンとカミサマを畏れ、ときには慕いする姿は、この地域の土着信仰と非常によく似ていました。違うといえば、どこにでもカミサマがおることにしてしまう熊野とは異なり、ミャークには御嶽(ウタキ)と呼ばれる神聖な場所にカミサマがおることです。
c0010936_1561380.jpg
トークショー


映像のあとは、久保田麻琴さんのトークショーでした。熊野や音楽を語る久保田麻琴さんでしたが、僕は映写室で不意の対応に待機していたので、ほとんど音が聞こえて来ませんでした。後半に、扉をちょっと開けて聞きましたが、熊野を語る久保田麻琴の感覚が、この地域の人にはない熊野観であり、それこそが熊野の魅力なんだろなと感じました。もちろん、この地域においても、熊野の魅力に惹かれたり、ときには取り憑かれたりしている人をよく見かけます。しかし、山がすごい、川がきれい、海がすてきってみたいな、二次元や三次元の魅力ではなく、熊野には四次元的な魅力があるのだと感じています。それは、往々にして、三次元に慣れている地域の人には、気づかない魅力であって然りです。

明日の第二弾は、新宮会場での上映会とトークショーです。

僕は、ボランティアスタッフとして、駆けつける予定です。新宮会場でも、多くのオーディエンスが待ち受けていると感じますが、そのプロローグとして、尾鷲会場の役目を果たせたと感じています。予想以上の反響に、たじろぐほどに感動しました。

この映画や、久保田麻琴さんのトークショーも、また、スケッチ・オブ・ミャークin熊野の企画も、3市の連携で実施してよかったなと感じる封切りとなりました。明日も楽しみに、これから洗濯を干して寝るとします。

by kurage874 | 2014-02-08 02:14 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 新宮市内の喫茶店に入る やきやまふぁーむのピザ >>