海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【新宮会場】スケッチ・オブ・ミャークin熊野、2日目
スケッチ・オブ・ミャークin熊野の中日です。

新宮会場は。冷たい雨のなかではじまりました。
c0010936_0434696.jpg
トークショー


天候なんてなんのその、久保田麻琴さんのトークショーに、これだけの人が耳を傾けています。よくみると、聞き逃すまいと、誰もが顔をあげて見つめています。この食いつきようは、集中しない生徒に手を焼く先生からすれば、本当に羨ましい光景だと思います。まあ、僕が先生をしていた頃は、こんな風ではなかったからなんですけどね…

トークショーの内容は、物販の番をしていたので聞き逃しましたが、ふと、植島啓司さんと久保田麻琴さんが、土着の音楽や熊野を語る会などあれば、それこそ入りきれんくらいの人気がでそうな気がします。カミサマには音楽がつきものですし、熊野は音で説明できるくらい、自然な音にも豊富ですし、祭事や神事の音もさまざまです。
c0010936_161679.jpg
聞き手は桑原シローさん


そう言えば、久保田麻琴さんとの会話のなかで、御詠歌の話になりましたが、御詠歌そのものも、西国三十三ヶ所で広まったとも言われているそうで、この地域で根付いた裏付けにもなっています。いまはしない地域も多くなったようですが、先だっての伯父さんの葬儀で、この御詠歌を聞いたばかりだったので、とても新鮮な話題でした。流派もあるので、正確なことは不勉強なのですが、ゆうつべを検索すると、こんな感じです。




話がそれましたけど、尾鷲会場も新宮会場も、無事に終わることができました。会場に来ていただいたお客さんに顔見知りがいて、「この前の防災講演で来てくれた人やね。今日はここでなに屋さんなの」って聞かれました。自分でも知りたいくらいですが、東紀州の門番を自称していますので、東紀州のカストディアンってところですかね?

いよいよ、明日は田辺会場で区切りとなります。
見逃した方は、田辺まで駆けつけますか?
それだけの価値、ありますよ。

by kurage874 | 2014-02-09 01:05 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 【田辺会場】スケッチ・オブ・ミ... 新宮市内の喫茶店に入る >>