海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【田辺会場】スケッチ・オブ・ミャークin熊野、ファイナル
日曜日、田辺会場でのファイナルは、とても一体感に包まれました。

COFFEE HOUSE GORILAさんがカウンターパートで、ララ・ロカレを会場にセッティングしていました。田辺のまちを闊歩するのも何十年ぶりで、駅前の通りがかなり変わっていた感じでした。ララ・ロカレは、就労継続支援A型事業所として運営されており、天然酵母パンの販売と、レストランを併設していました。
c0010936_2352248.jpg
ララ・ロカレ


2階のスペースも雰囲気がよく、空調などもしっかりと設備されていました。会場がひとつになるにはちょうどよい大きさで、上映がはじまるとともに、お客さんが引きこまれていくのがわかりました。冒頭に、久保田麻琴さんが熊野の地で語る場面があるのですが、その場所を言い当てているお客さんがいて、僕は嬉しくなりました。
c0010936_01369.jpg
天野一生さんのライブ


c0010936_23572656.jpg
濱口祐自さんのライブ


田辺会場では、ライブも併催され、濱口祐自さんの根強いファンが集まっていました。その昔、僕のCReAMでも、ユージさんにライブをしてもらっていたので、頑なに自己流を極めこむユージさんのプライドに感動しました。もちろん、ユージさんのトークは、勝浦弁炸裂で、一部字幕がいるような方言丸出しです。今年は、「ええのう」が流行語になるかも知れません。
c0010936_23595527.jpg
久保田麻琴さんのトークショー


すべてのイベントが無事に終わり、田辺会場の打ち上げにもお邪魔させていただきました。僕は、当日にイベントがはじまったときには、次のイベントに思考がいってしまうので、余韻に引き戻された感覚が新鮮でした。新宮会場のあとにも、一部のスタッフで打ち上げをしましたが、次の日が控えていただけに、田辺での開放感が心地よかったです。GORILLAのマスターと、「肩の荷下りたの」って、笑顔で言葉を交わしました。
c0010936_08182.jpg
打ち上げ風景


スケッチ・オブ・ミャークin熊野上映会実行委員会としては、清算業務を残すのみとなりました。しかし、第2弾がしれっとあってもいいと考えています。どこかでだれかが、次の実行委員会として、名乗りを上げてくれれば嬉しいです。もちろん、熊野はひとつとの合言葉で、紀伊半島南部の3箇所くらいで…もちろん、東紀州コミュニティデザインとしても協力支援しますよ。

さて、スケッチ・オブ・ミャークは、心になにかが宿るドキュメンタリーでした。淡々と進んでいく映像なのに、心地よい時間が流れていきます。お婆たちの表情が嬉しそうで、それを見ているだけでも、気分が豊かになる感じがしました。僕は、とくに最後の場面で、東京タワーを見下ろすお婆が、カメラマンかにお礼を言うシーンが印象として強く残っています。あのお礼には、大きな感謝が込められていたと感じました。

お客さんをはじめ、ボランティアスタッフ、各会場のカウンターパートの皆さん、またコーディネーターのシローさん、そして、スケッチ・オブ・ミャークin熊野上映会実行委員会を立ち上げるきっかけを下さった久保田麻琴さん、久保田さんがいなければ、このイベントはここまで盛り上がらなかったと感じています。

僕の周りの熊野は、しばし平穏に戻ります。しかし、この熱は冷めそうにありません。覚めないうちに、次の仕掛けを考えていきたいと思います。まさに、「熊野はええのう」です。

ありがとうございました。

by kurage874 | 2014-02-11 00:27 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 【DRT事業】日本森林ボランテ... 【新宮会場】スケッチ・オブ・ミ... >>