海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
災害支援市民ネットワークしがの第3回研究会に参加する
三重県内では知られていない存在なので、滋賀県まで遠征しました(笑

昨年、甲賀市に災害ボランティアを派遣したことがきっかけで(18名)、前回の臨時会に引き続き、今回2回目のお邪魔をしました。主には、滋賀県内の市民団体さんを対象にはしていたはずですが、当方も広域連携を模索しているところなので、草津市のまちづくりセンターまで押しかけた形でした。
c0010936_3115.jpg
草津市立まちづくりセンター(官設民営ですね)


災害支援市民ネットワークしがは、2013年に設立した災害系の中間支援組織ですが、認定NPO法人しがNPOセンターが運営事務局を担っているので、滋賀県を代表する中間支援組織として、その活動には学ぶことが多いです。しかも、設立直後に台風18号の局所被害をあちこちで受けて、バタバタのなかで支援をしてきた実績もあります。もちろん、発展途上の部分もあるとのことで、こうして研究会などを開催し、メンバーである多様な主体が集まってきては議論しています。仕組みとしては、三重県にもほしい構成です。
c0010936_311752.jpg
会場の様子


三重県にも、似た集まりに、みえ災害ボランティア支援センターがありますが、官民協働の部分は同じでも、NPO側の参画が2団体しかなく、多様な主体とは言いがたい構成です。その1つが、私が理事を務めるNPO法人みえNPOネットワークセンターですが、三重県内における中間支援組織の集まりだからという理由で参画しているのわけでもないので、今後の立ち位置には、期待も想像もしているところです。必要に迫られて、災害系の中間支援組織のネットワークを構築した滋賀ですが、三重県なりの形はできるようにも感じています。
c0010936_3235016.jpg


今回、滋賀で感じたことは、やはり多様な主体が参画する必要性で、日常の活動で災害をイメージしていなくても、それが災害時に転化できればいいだけのことで、その自治体に存在する全ての活動が参画すれば、災害時には大きな力になると、あらためて感じました。現実的には、すべての参画には無理がありますが、いまのようなNPOが2団体という狭き門は、早急に解消する手立てを考える必要があるのではないでしょうか(もちろん、いまの仕組みは、排除の仕組みではありませんが…)?もちろん、僕のような者では、それは届かぬ声でしかありませんが、基本的な災害時の活動さえ勉強会や研究会で研鑽する機会さえ設ければ、転化することは絶対的に可能です。
c0010936_3324244.jpg


今回は、オブザーバー的な気持ちもありましたので、積極的な発言は控えましたが、もっと多くの意見を聞きたい部分もありました。また、ポイントとなる課題はいくつかあがっていたので、それを次年度にどう繋げていくかまで議論できていれば、もっとイメージ出来たこともあったかと感じました。災害時に動けるかどうかは、実戦経験が大きく物言いますが、そればかりでもありません。だからこそ、日常的な活動が転化するのであり、災害時だけの経験は、ときに応用性のない一元的な活動でさえあります。ここに、災害単独系の危険な部分が潜んでいると感じるときがあります。たとえば、熊野レストレーションや東紀州コミュニティデザインが、災害だけに特化した活動をしないのは、僕自身の経験から、日常での活動に重きをおくことができて、はじめて災害時に意味をなすからです。

滋賀での経験は、これからの災害支援に大きく影響します。今後も、こうした繋がりには参加させていただき、三重県南部の存在を知っておいてもらうことに努めたいと考えています。

by kurage874 | 2014-02-21 03:44 |  市民減災まちづくり
<< やきやまふぁーむのピザとパスタ... 本日、日替わりコックさん交流会... >>