海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【お知らせ】東日本大震災での募金の使い先が決まりました
あの日から、細々と募金をしています。
いまでも、募金箱はキタガワノホトリにあります。

手元の記録では、直後の14日に呼びかけていました。
すぐに、県内で数ヶ所のカフェや事業所に賛同してもらいました。
直後は、誹謗中傷も受けましたが、現在数十万単位になっています。

寄付先は一任されていましたが、ようやくその一つが決まりました。

■カナダに流れ着いた東日本大震災の漂着物を日本に持ち帰りたい!(尾池祐亮(NPO法人国際ボランティア学生協会))目標金額達成しました! - READYFOR?
 https://readyfor.jp/projects/ai-tsunagu-project/announcements/7600

寄付先に決めたのは、この団体が、2011年9月の紀伊半島大水害後に、熊野へ災害ボランティアに駆けつけてくれたことが大きな要素でした。その彼らが、まさに熊野にも駆けつけてくれた学生たちが、カナダまで遠征すると聞いて、クラウドハンティングに参加していました。
c0010936_1193216.jpg


しかし、当初、僕が会話した学生たちからは、「すでに決まっている遠征なので、資金が集まらなくても行くことは決定している」とも聞いていました。また、この学生ボランティアたちは、全国に2千名を越える会員が在籍していることからも、さらにOBとなるとかなりの数になることからも、低調だったクラウドファンディングの数字をみるたびに、なにをやっているんだと、迷いも正直にありました。

しかし、このクラウドファンディングを担当している学生から、「Readyforの期限はあと7日間、支援して下さった方々の想いとお金を無駄にしないために、達成に向けて、この現状や私たちの活動に共感してもらうこと。必死になっている姿を 多くの方に伝えていきます」とメールがありました。この時点では、まだ100万円にも達していなかったので、僕はこのままでは無理だろうなと感じていましたが、希望の光があるやに知れないとも願っていました。少なくとも、メールをくれた学生の気持ちに応えてやりたいとは思いました。

おそらく、終了残り1日を切ってから、目標額に達成したと思います。僕もあえて、広報はしなかったし、ちょっと冷たく見守っていました。しかし、彼らの思いは通じたのです。それはとてもスバラシイことです。

よって、仲間たちで募金箱を設置してもらっていたなかから、一部である10万円を、彼らの活動資金として提供することになりました。無事に、クラウドファンディングが達成しましたので、しかるべき日になれば、振り込まれることでしょう。

プロジェクトリーダーでもある尾池よ、僕には、君がガルマ・ザビの雰囲気と重なっているのだけど、よくやったと思う。いい仲間を持って、いい支援者たちに恵まれたと思うよ。オメデトウ。若い力はスバラシイと、そう再確認したよ。僕も、負けじともう少し頑張ろうと思えたよ。

報告するとともに、70名の学生たち、IVUSAの学生たちにエールを送ります。

by kurage874 | 2014-03-01 01:20 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 1日入所で緊張する?した? 隠れ家カフェ >>