海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
NPO法人みえNPOネットワークセンターの総会
先月29日に、理事を務めるNPO法人みえNPOネットワークセンターの総会がありました。
c0010936_117049.jpg
総会資料(一部)


ホームページの更新が怠っていて申しわけないのですが、主な活動としては、みえ市民活動ボランティアセンターの指定管理を、三重県より受託しています。2年目になりましたが、県内の中間支援組織が集まってできたNPO法人ですので、それぞれの知恵を出し合って進めています。なお、東紀州コミュニティデザインは、事務局長の私が理事として参画しています。

東紀州地域では、中間支援組織の東紀州コミュニティデザインだけが参画していますが、東紀州コミュニティデザインが管理運営しているキタガワノホトリは、この地域では唯一の市民活動支援センターになります。拠点を移りながら、民設民営で9年目を迎えますが、スタッフの確保に苦労し、拠点の管理運営にも知恵を振り絞っている状況です。しかし、大なり小なりありますが、それは県域のどこも似たり寄ったりで、NPO支援の支援先のひとつである三重県のNPO課には、もっともっと踏み込んできて欲しい気持ちでいっぱいです。

思えば、三重県がNPOに対して率先してきた歴史からすれば、ここ数年の三重県のトーンダウンをヒシヒシと感じます。とくに、昨年からの対応を見ていると、「NPO支援は終わった」と感じるくらいの関係のなさを感じています。もしかすると、来年あたりには、NPO課自体が吸収されるのではとの懸念があるほどです。

しかし、NPO活動が支える地域づくりは、多種多様に富んでおり、美し国おこし・三重のパートナーグループを見ても明らかです。いまは三重県の後ろ盾がありますが、今年で終了する助成事業に過ぎませんので、来年以降の行方にも注目しています。ここに、NPO法人みえNPOネットワークセンターの存在が大きく影響するのは必至ですし、またそうならないといけないなとも感じています。

現在は、まったくといっていいほどに相互リンクしていませんが、行政支援を受けた活動と、そうでない活動に大きな差があるところに、この活動の難しさを感じまくります。そもそも、中間支援組織が利益を上げることは、NPOでは無理ではないかと感じるほどです。

かなり脱線しましたが、総会は滞りなく終了し、議案はすべて満場一致で採択されました。2期目のNPO法人みえNPOネットワークセンターは、みえ市民活動ボランティアセンターのさらなる充実を目指して邁進していくことになりました。キーワードは、ここを中心とした地域連携になりますが、雇用しているスタッフの飛躍にも期待するところです。事務経費を増額させたので、もっと外に出て、地域を縦横無尽に駆け巡ってほしいものです。

NPOの活動を感じないまちって、さみしいまちだと思います。多様性に対応できないまちって、住みにくとも感じます。そういったところに、われわれの存在価値があろうかと考えています。

by kurage874 | 2014-06-01 01:40 |  東紀州コミュニティデザイン
<< みえきた市民活動センターの満1... 【飛鳥熊レス村】赤紫蘇とキャベツ >>