海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
沼津港深海水族館のコンセプトをこの地域にも
梅雨なのに、太平洋高気圧が弱いらしい。

なので、日中は暑いけれど、夜は意外にも寒い。

先だって、東京へ研修しに行った翌日、娘のリクエストもあって、来てみたかった水族館に行ってきました。
c0010936_063470.jpg
沼津港深海水族館


尾鷲におった頃、トロ船のシーズンになると、毎日のように深海の魚介類を見ていたので、「これって、こっちでやったら面白いはず」と考えていました。水族館の規模は小さく、なんとか横丁みたいな一角にありました。
c0010936_0164931.jpg
アカザエビ


c0010936_0182453.jpg
オオコシオリエビ


手長エビが泳いでいます。これは、尾鷲でも高級です。年々、口にはいることが少なくなりました。クモエビは、僕の大好物です。僕に、このエビを茹でさせたら絶品に仕上げます。また、このエビは比較的安価なので、地元スーパーで手に入ります。どうやって生きたままを捕獲したのかわかりませんが、アカザエビは2匹、オオコシオリエビは1匹確認できたので、さすがに難しいのかも知れません。
c0010936_0305929.jpg
定番のタカアシガニ


これは、どこの水族館でも目にします。動きが遅いので、生きているのか、レプリカなのかの声をいつも耳にします。よく見ると、口の当たりはせわしなく動いています。深海の水圧のなかなので、こういった動きなのか、もともと遅いのかはわかりません。これも、尾鷲の地元スーパーでは安価に手に入ります。僕は、おにぎり静さんが茹でたのが一番好きです。
c0010936_037636.jpg
イガグリガニ


イガグリガニは、昔にしーちゃんからもらったことがありましたが、ほとんど身がありませんでした。イガイガがここまで尖っていると、誰も襲うことはなさそうです。殻を大事に取っていましたが、いつの間にかどこかにいってしまいました。これは、魚屋さんでも売っているのを見たことがありませんでした。
c0010936_034847.jpg
ミドリフサアンコウ


c0010936_036537.jpg
チゴダラ


c0010936_0531744.jpg
ベニテグリ


ミドリフサアンコウは、深海の魚として人気があります。でも、この天ぷらはもっと人気があります。チゴダラは、煮付けで食べるのが好きです。アカゴチも、天ぷらが最高です。どれも、僕が尾鷲ごはんと代名詞をつけている凜さんところで食べられます。しかし、いつでも食べられるわけではありません。行ったときに出てくればラッキーです。そうそうどこでも食べられるものではないので、この地域の隠れた素材です。
c0010936_0575973.jpg
ダイオウグソクムシ


c0010936_112176.jpg
冷凍保存のシーラカンス


ここの水族館には、こんな貴重な生物もいますが、それよりもこれよりも、なんですよね。尾鷲港や紀伊長島港には、数隻のトロ船が水揚げしています。定置網に、深海の魚が入ることもあるようです。贅沢なことかも知れないけれど、熊野灘あたりの海洋生物水族館があれば、森林をつかさどるであろう県立熊野古道センターとの双璧になると思うんですけどね。尾鷲市の海洋深層水の取水口からも、深海の魚がコンニチハすることがあるようですしね。
c0010936_1115833.jpg
これこれ、このコンセプト


想像していたよりは、個体数も種類も少なかったので、飼育などの苦労も多いのかなと想像しましたが、機会があればまた行ってみたいと思います。ところでこのときは、主要な移動が電車だったので、沼津駅から路線バスを利用しましたが、この一画にたどり着くには苦労します。なにせ、案内も標識もなにもありません。港湾一帯を観光地化しているのにしては、バスで来ることを全く念頭に置いていないのは残念でした。また、統一感がないので、「漁協に来た!」って雰囲気もありません。どこになにがあるのかもわかりませんでした。観光客の動線などを意識したデザインであればと感じましたが、なんとももったいない。
c0010936_1172734.jpg



by kurage874 | 2014-06-16 01:17 |  諸国漫遊記
<< ツバメの巣立ち 第34回キタガワマーケット >>