海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
紀北町燈籠祭でのごみナビゲートボランティアの募集
2006年からはじまった、紀北町燈籠祭でのごみナビです。

昨年は、過去最高のボランティアに参加いただきましたが、今年はなぜか低調です。理由のひとつに、ごみナビに協力している東紀州コミュニティデザインのスタッフ不在もあります。ただ、8年もやっているので、認知度はあるほうだと感じています。こんなことって、面白みがないんですかね?
c0010936_10342516.jpg
ごみナビチラシ


申し込み期限は昨日でしたが、前日まで延長しています。現在、10名いるんかいな?って事態ですので、このままですとエコステーションを減らさないとなりません。そうなると、さらに放置ごみが増える可能性もあります。ただし、ごみナビは、持ち帰りを推進させるためのツナギであるので、変化を見ることはできるかも知れません。

でもやっぱり、4ヶ所のエコステーションで、最低でも各5人はほしいところです。なので、20人ってことですね。あと半分か…

僕が、この地域でごみナビを進めてきたのは、熊野大花火大会での必要性を感じているからです。規模が大きい熊野大花火大会では、ありえないぐらいのごみが放置されてきました。昔は、それこそ捨て放題だったので、翌日の早朝に、天理教のボランティアで集めていました。「こんなん観光にしたらアカンは」ってのが、僕が感じた当時の気持ちです。人が増えるほどに、無秩序にごみが増えては、花火がいくら勇壮で盛大でも、本末転倒に感じたからです。現在、昔ほどではないようですが、こうしたキッカケから、ごみナビを推してきました。

この地域で最初にはじまったのが、尾鷲市のおわせ港まつりでした。2005年のことでした。紆余曲折あって、当初のスタッフはほとんどいなくなっていますが、僕や残っている僅かなスタッフは、ごみのないイベントを目指してこれまでやってきました。また、地元からの参加者のなかには、「昔からごみナビやっているのを見とって、いつかはやってみたいと思った」という大学生が参加したことがあります。老若男女、だれでもできるのがごみナビですが、一方では、人が集まる仕組みや、予想しない人に対応する場面などが、災害時における災害ボランティアセンターの運営にも似ていることがあります。楽しく花火を見ながら学べるのが、ごみナビの良い効果でもあります。

ただし、本当に苦労も多いです。ごみの捨て方や、エコステーションに持ち込んでくれる人のマナーは年々向上していますが、僕がここまでごみナビに固執していると見ている人たちからの誹謗中傷もよく耳にします。でも、面と向かっては言ってこないので、スルーするしかありません。

とは言え、尾鷲市と紀北町の2大夏のイベント会場で、ごみナビは継続しています。紀北町は今週末の土曜日で、その翌週の土曜日が、尾鷲市のおわせ港まつりです。双方に参加してくれる人もいますし、これを目当てに遠方からやってきてくれる人もいます。仕事終わりの参加者や、学生やときには高校生も参加してくれます。そういったコーディネートを、東紀州コミュニティデザインはやっています。

余談が多くなりましたが、ぜひともよろしくお願いします。

■紀北町燈籠祭ごみナビ申し込み
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P4830497

by kurage874 | 2014-07-23 11:03 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 国道169号の絶景から考える 子どもが自然と遊ぶ法則 >>