海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
国道169号の絶景から考える
国道169号周りで、九重まで行ってきました。

おくとろ温泉までは、比較的よく行きますが、それより先は、2011年の災害以来となりました。そのときは、途中で通行止めだったので、新宮まで抜けたのは随分前のことでした。
c0010936_933117.jpg
小松付近


この道路が一部開通したとき、「よくあんな広い道をつけたなあ」と感心しました。いまは廃村となっている小松へは、高専山岳部時代に合宿で訪れていて、そのときにはすでに住人はいませんでしたが、お寺をお借りして宿泊所にしていました。記憶が曖昧ですが、河上横丁あたりから三重交通のバスに乗り、最終バス停である育生の尾川で下りたあとは、県境をまたぎながら小松まで歩きました。小松の夜は賑やかで、タヌキがたくさん徘徊していました。ある年に、そのタヌキの捕獲を下級生に命じ、うまく追い込んで1匹を捕まえたことがあります。食べようかとの話にもなりましたが、さすがにかわいそうになって逃してやりました。
c0010936_9103429.jpg
北山峡


2011年の水害後、小松を調査に行って驚いたことは、車も渡れた吊り橋が落下していて、その橋脚のはるか上まで水が来ていたことでした。当時も、橋脚には、昭和の時代の最高水位が記されていたのですが、それ以上に水位があがったことになります。当時の七色ダムと、小森ダムの放水は、やはり考えることがあまりにも多い出来事です。

あれから3年になろうとしていますが、災害復旧工事があちこちでされています。中山間地域がとくに甚大な被害を受けていたので、いまなお当時の爪あと傷あとに心が痛くなります。この地域では、奈良県や和歌山県が、道路拡張やトンネル工事などで、利便性を高めようとしているので、交通の便はますます良くなるはずです。しかし、道路事情が良くなっても、疲弊していく住民生活を考えると、この地域一帯は廃村の陰が常につきまとっているのも事実です。
c0010936_9283712.jpg
百夜月


百夜月を通ると、対岸で東さんが作業をしているのが見えました。川船が対岸に止まっていたので、やはり生活の場であることに違いありません。その風景を垣間見ることができて、ここも貴重な熊野の原風景だと感じました。
c0010936_9322663.jpg
九重小学校


九重の城さんちで用事を済ませ、その足で九重小学校にも行ってみました。ちょうど、百夜月でいっしょだった相澤さんがいて、内部を案内してもらいました。災害直後に見ただけに、内部はオサレにセルフリノベーションされていました。相澤さんは、1年ほど前に地域おこし協力隊で熊野川町に赴任していて、現在4名の仲間たちが周辺地域で任務についています。熊野川町では、6名の地域おこし協力隊を募集し、4名が決まっているとのことでした。

その活動拠点のひとつである九重小学校は、取り壊される予定だったのを、地元NPO法人が引き受ける形で、地域おこし協力隊を行政が募集した形になります。地域おこし協力隊の処遇を、NPOなどの民間団体に委託させることで、このような行政ではできないことを可能にしたのです。そして、九重の地域住民たちが、この事業にこの指とまれ!をして後押ししたことも素晴らしいことです。わが熊野市でも見習うべき点が、ここには多数あるように感じてなりません。
c0010936_9433899.jpg
相澤さん


相澤さんは、たいやきタイムという車屋台のたいやき屋さんを立ち上げたばかりです。この日も、お客さんが出来上がりを待っていましたが、数年後にこの地域で根を下ろすには、まだまだ前途多難であるとも感じました。九重小学校にしても、田舎のほっこり感は有り余るほどにありますが、空調設備などはありませんので、万人受けするとは思いません。設備的には、キタガワノホトリの方が最低限を備えているくらいです。それでも、こうして人が集まり、話題になっているので、大きな成果には違いありません。また、ここに行政が絡んでいる点が、僕にとっては非常に興味深いことでした。素晴らしい!

帰りは、紀和町の311号経由で戻ってきましたが、この周回コースは、自転車のロングライドイベントにもなりそうな気がします。熊野の絶景を知ることができ、日常生活の営みを感じることができるコースです。

やはり、熊野のよさは、生活の息づかいがしてこそ、です。

by kurage874 | 2014-07-24 09:55 |  諸国漫遊記
<< どちらも熊野にほしい! 紀北町燈籠祭でのごみナビゲート... >>