海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【中間支援事業】紀北町燈籠祭でのごみナビゲートボランティア
先週の土曜日、8回目のごみナビを燈籠祭で実施ました。

この日は、雨の気配は一切なしで、吐く息以上に暑い日となりました。
c0010936_405720.jpg
今年は種まき権兵衛さん


紀北町商工会青年部が中心となっているので、スタッフの年齢層が若いです。そのなかに混じって、20代から50代のボランティア13人が、予想に反して少なかったにもかかわらず、何ごともなく無事にやり終えることができました。
c0010936_43396.jpg
準備中


ごみナビでは、エコステーションの準備も当日に行います。このときに、初めて出会うボランティアも仲良くなります。センスも多少なり必要ですが、工夫次第で、お客さんの目を引く看板が出来上がります。こういったことに労力をかけるところに、ボランティアの良さがあると感じています。
c0010936_45599.jpg
こんな風になります


15時に集合し、16時からごみナビは始まりますが、8年もやっているだけに、古参のボランティアもいてくれるので、少ないながらもテキパキとしています。今年は、昨年32名と多かったボランティアの幻想を抱いてしまい、あちこちに声かけしたにもかかわらず、集まり具合が悪かったです。実質12名でもできなくはないですが、交替や一人あたりの作業量などを考えると、やはり最低1ヶ所5人はほしいところです。
c0010936_481863.jpg
きーほくんもいた


ボランティアの参加に関しては、事務局として反省も多いごみナビとなりました。やはり、主宰している東紀州コミュニティデザインのスタッフ不足が大きな要因ですが、少ない人口で取り合っている現状では、活路をどこに見出すかの選択を迫られている気がします。もちろん、地元に支えられるのがベストですが、外部に求めるのもベターかと考えています。しかしながら、過疎地域の恐ろしさを垣間見る感じです。
c0010936_412866.jpg
いよいよ本番


c0010936_4134133.jpg
花火も楽しめる


ごみナビの良さは、花火も楽しめるし、イベントの裏方として、イベントに関わっている誇りが持てることです。無くてはならない存在になっているだけに、次への仕掛けを実行委員会と考えていくことも、ボランティアの増加と関心に繋がると考えています。知恵は、多くから出しあったほうがいいはずですしね。楽しんでやってくれているボランティアさんたちを見るたびに、今年はいつも以上にボランティアさんに助けられたと感じました。
c0010936_4173894.jpg
終了ミーティング


今年も、16時から21時半頃まで、滞りなくごみナビをやり終えました。集まった資源ごみと分別ごみを黙視できるので、達成感を得られるのも特徴のひとつです。今年は、来場者が多いように感じましたが、比例して持ち込まれたごみや資源も多かったように感じました。出店者からの持ち込みごみの報告があったりと、新たな課題もありますが、解決できない課題はありませんので、エコステーションリーダーなどの報告を見ながら、次回への検討課題を実行委員会にも提供していきます。報告書を提出して、東紀州コミュニティデザインに与えたれた任務が完了します。

今週末の土曜日は、おわせ港まつりでのごみナビです。
まだまだ募集していますので、よろしくお願いします。

こういうイベントも、イベントには必要なはずです。
理解してくれる実行委員会さんにも感謝、です。

by kurage874 | 2014-07-29 04:23 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 【飛鳥熊レス村】7回目の出荷は... ひと足お先に土用の丑 >>