海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【中間支援事業】おわせ港まつりごみナビゲートボランティア
当日になって、ボランティアが17人になりました。

その内の半分近い8名が、関西方面の大学生でした。
c0010936_11255064.jpg


その他の参加者も、津から1名、多気から1名、熊野から2名、尾鷲から2名、企業から1名でした。僕の理想としては、先だって紀北町の燈籠祭でもごみナビをやったので、できれば双方の住民を行き来させたいです。人の交流には、自治体の境は関係ないしね。
c0010936_11293727.jpg


10年目となるおわせ港まつりでのごみナビは、この地域での先駆けであり、当時の言い出しっぺは僕だけとなりましたが、実行委員会の理解もあって継続しています。「おい、まだ尾鷲におんのかいな?」なんて言われましたが、僕はどこにいても必要とあればやって来るし、体制がちゃんと整えば、いつでもお任せする考えです。しかし、橋渡しできる人材が少ないのも事実で、こうして遠方から来てくれるのも、人と人との繋がりがあってこそです。
c0010936_11325480.jpg


今年、ごみナビについて報道資料を提供したとき、あるメディアから問い合わせがあり、ごみナビにかかる費用について質問を受けました。かなり突っ込んで使途まで聞かれて、詳細に答えはしましたが、10年経っても理解しようとしない人はしないものだと感じました。当日に密着して、ごみナビでなにをしているのか、そもそも東紀州コミュニティデザインが橋渡ししているのはなにかを取材してほしいくらいですが、イベントの経費削減には一役買っているはずですし、10年前のイベント会場を想像いただければ、現状のいまは改善されているはずです。
c0010936_11385099.jpg


それまでの会場では、ごみがいまよりも散乱し、持ち帰る発想すらなかったようにも感じました。単に置かれたごみ箱には、分別されていないごみが山積みされ、やがて溢れて山のようになっていました。どこのイベント会場でも見られる光景ですが、それをお客自身で分別して捨ててもらう発想は、ここ10年でかなり定着してきました。それは、燈籠祭でもおわせ港まつりでも同じで、持ち帰りごみが増えているのも目に見えて多くなっています。
c0010936_1143261.jpg


それでも、毎年わずかですが、この趣旨に賛同してもらいお客さんもいます。今年も、帰り際の酔客の男性が、分別されていないごみ袋をスゴんで置いていったと報告がありました。しかし、僕たちはボランティアであって、強く拒否することもありませんし、トラブルを避ける事もボランティアの一つだと感じています。投げつけて帰っていく人を、周りの人たちは同情の目で見てくれるし、あるときは注意も促してくれました。それをトラブルなく解決するところに、僕らの役割があります。それでも、大半のお客さんは、案内に従って分別してくれます。
c0010936_11471865.jpg


かと言って、ごみナビ自体は難しいボランティアではなく、小中高生でもできるボランティアです。学校でも分別や資源ごみについて学んでいることもあって、ごみを捨てるのではなく、分別しにくる意識も高いです。どんなトッポイお兄ちゃんでも、お姉ちゃんでも、ちゃんと分別してくれます。いい大人ほどに、文句を言いながら、投げつけていく人もいるのです。そこには怒りなどなく、恥ずかしいなと思うだけです。
c0010936_11523593.jpg


今年は、あいにくの雨もあって、お客さんの入りも少なく感じました。また、エコステーションに持ち込まれたごみや資源ごみも少ない傾向でした。もちろん、放置されているごみもあって、スタッフやボランティアがひらっていましたが、ごみナビではボランティアがひらうことはありません。このTシャツを着たボランティアがごみをひらえば、お客さんは持ち込むことなく捨てるだけになります。その匙加減も難しいところですが、こうやって10年目のごみナビを無事に終えることができました。毎年協力していただいている尾鷲連合婦人会さんのボランティアも、楽しみながらやってくれていました。

間違いなく、参加しているボランティアさんたちの笑顔は、10年経っても色褪せることはありません。それが、次のごみナビの活力にもなっています。

by kurage874 | 2014-08-04 12:00 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 【防災・減災事業部】応急救命講... 【飛鳥熊レス村】9回目の出荷予... >>