海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【防災・減災事業部】応急救命講習を学生ボランティアが実施する
IVUSAに所属する学生ボランティアから、相談がありました。

「IVUSAが実施しているCMTを民間でも実施できないか?」、この要望に答えるべく、自主防災会と社会福祉協議会の友人にコンタクトをとったところ、両者から良い返事がもらえました。さらに、自主防からは日程調整の連絡もあり、今回の実現に至りました。
c0010936_12103525.jpg


今回、CMTそのものを講習するのではなく、そのなかから応急救命講習を行いました。また、このために、IVUSA危機対応研究所の精鋭たちが8人も来てくれて、揃いのポロシャツで会場によい緊張感がありました。開催場所は、紀宝町の津本防災センターで、対象は、常に防災意識を持って活動している津本自主防災会の皆さんでした。両者にとっても初めての試みでしたが、以前からも接点があったので、スムーズに入って行きました。
c0010936_12155440.jpg


まずは、三角巾を使った応急救命では、参加者を大きく3つに分けて実施しました。三角巾は知っていても、使い方のバリエーションまでは知らないのが普通なので、参加者にも興味関心がありました。また、学生ボランティアの指導も上手で、これには正直驚きました。さすが、CMTに関するインストラクターの資格を持っているだけあって、だれもが要点をついた話をしていました。また、物怖じしないのは、自信があるからで、これはいい講習会になると感じました。
c0010936_12193697.jpg


IVUSAは、全国で約3,000人を要する学生ボランティア組織ですが、CMT(Crisis Management Training 危機対応講習)は全員が受講するそうです。この他にも、HRT(Human Relations Training 自己理解・他者理解・コミュニケーション講習)、SRT(Society Reflect Training 社会理解講習)を受講する研修があります。単なるボランティアをするだけではなく、学生を自己完結できるボランティアに仕立てていくシステム化には興味関心を持っています。CMTについては、毎年の報告会で知って関心を持っていました。
c0010936_12233716.jpg


続いては、AEDによる心肺蘇生法でしたが、これも緊迫感があってよかったです。AED自体は見慣れていますが、実際に作動させる訓練は稀なので、こうして実地するとわかることもたくさんあります。また、この機械のおかげで救えた命もたくさんあるので、この講習も有益だと感じました。時間があれば、全員に体験してもらいたいくらいです。全体的には、2時間弱の講習でしたが、受講してもらった皆さんには、一定の評価を得られたと感じました。
c0010936_12275136.jpg


ただし、講習会については、費用面や受講時間などで課題は残りました。今回、移動する手段はレンタカーでしたので、かかる費用は東紀州コミュニティデザインと津本自主防災会で負担しました。また、学生ボランティアの食事も面倒をみました。しかし、学生自身の報酬までは支払えなかったので、ここが大きな課題です。幸い、このあとには尾鷲市でのごみナビが控えていたので、一方ではイベントボランティアとして参加してもらえましたが、本来はこの講習会を主体にするので、費用の捻出には頭を捻らないとなりません。

しかし、この講習会自体は、企業でも実施されており、互助である自主防や自治会などでも実施可能とわかりました。なによりも、この研修の知的財産を得ている学生ボランティアからは、CMTの精神を広めたいとの希望があります。うまく橋渡しできるように、学生ボランティアからの要望や感想なども聞きながら、普及するようにお手伝いしたいと考えています。それが、東紀州コミュニティデザインのできることです。

by kurage874 | 2014-08-04 12:33 |  東紀州コミュニティデザイン
<< ハンディキャップ 【中間支援事業】おわせ港まつり... >>