海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カフェとして、コミュニティカフェとして・・・
この頃カフェクリームの在り方を考えています。

海月的には、尾鷲やこの地域では少し趣や雰囲気の違うカフェだと自任しており、事実この地域の面白い人が訪れては、興味深い話を置いていきます。プロジェクトCReAMのメンバーも、4月に始めてからのお客さんが4名ほどいます。どの方も、今まで表立って活動なんかしていない、それであって好奇心旺盛な人たちです。これは、カフェクリームの存在意義が間違っていない証拠かも知れません。

反面、カフェとして考えたとき、必ずしも順風満帆ではないのも事実です。

客層は、老若男女さまざまですが、カフェを楽しむだけの人が少ないのです。「クリームは座るとこないんさな」、「椅子がないんさな」、「入りずらいんさな」・・・そんな言葉も聞かれます。どれも事実で、一般的なカフェのようなレイアウトでないし、わかりやすいカフェの看板もありません。

しかし、面白い話を置いていく人たちは、「この雰囲気が気に入った」、「なんか落ち着くなあ」、「穴場的でいいねえ」なんて言います。全くの反比例です(笑)。

カフェとして、売上を伸ばそうとレイアウトやコンセプトを変えていくと、面白い人たちが来なさそうだし、コミュニティの期待ばかりでは、気軽に来てくれる人が増えてこない気がします。

最近、面白い話を置いていくし、カフェとして気軽に利用しているお客さんから、貴重な意見を貰いました。

「入りにくいのは、初めて入るまではそう感じたよ。でも、入ったら気にならんな。」
「お客を増やすよりも、マスターを訪ねてくる、ここを気に入ってくれる仲間を増やせばいいやん。」
「いっつも会議しているイメージがあるから入りにくいんとちゃうかな。」
などなど・・・

そこで、海月はひらめきました。いや気づきなおしました。
ただのカフェにしたくないから、あいまいなカフェにして、お客の興味を誘うやり方をしてきたけど、ただのカフェとして楽しみたい人にも気軽に来ていただけるように、メリハリをつけたカフェにすればよいわけです。

単純な解答ですが、これがコミュニティカフェの難しさだと思います。
以前に、黒磯のカフェSHOZOに行ったとき、あそこはコミュニティカフェではありませんでした。しかし、カフェとして立派に成立し、そこを支える周辺の環境が、カフェを通じて形成されていました。黒磯にカフェが多いのは、SHOZO効果間違い無しです。

カフェクリームは、店舗規模と最初のコンセプトから、カフェSHOZOのようにはなれないけれど、気軽なカフェと、それ以外にも期待してくるお客さん双方に対応したカフェを目指していきます。カフェとして気軽に来れるし、その傍で会議もできるカフェに脱皮します。

そのために、多少のレイアウトの変更も検討中です。
海月なりのメリハリのつけ方が、レイアウトに出ると思います。ときには、一体感が出るようなつくりにすることも考えての変更です。もちろん、最初のコンセプトの一つでもある、「お金をかけない」ことも念頭においています。

少しづつ再び変わっていくカフェクリームにご期待ください。

by kurage874 | 2005-07-10 01:07 |  海月のぼやき
<< 今日は商店街通りの夏祭りです。 1箇所でことが足りる必要性を考... >>