海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
三重県南部の可能性
市民(自治体の市民でなくて)がなにかを達成できる場所ってどれだけある?
c0010936_1014746.jpg
ありし日のカフエクリーム


自宅がもっとも近い場所で、仕事場が次かな。サロン的なカフェもそうだよね。その次が公民館やコミュニティセンターになるかな?自治体によっては、市民活動センターや、市民活動支援センターがあって、ここら辺りから、自治体の体力差が出るんじゃないかな?だって、こんなセンターある自治体って、基本元気だもんね。あ、でも、官設民営か官設官営かによって違いはあるよね。やり方によっては、「お役所的!」って、後ろ指さされているところもあったり…

でも、キタガワノホトリは、民設民営ですよ。民間が設置して、民間で管理運営している。なので、公的資金は1円も入っていない。自慢では全くないけど、このシステムがまちに住む人たちの多くの支援で支えられて運営できたら、どれほどステキかなと妄想するけど。でも、民設民営って、そうでなくっちゃっても感じる。その支援のひとつが、行政であってもぜんぜんかまわないし、それもまたステキだけどね!

いま、市民の思いが達成できる場所の成熟度が、これからの自治体の根幹をなすんじゃないかって考えています。
c0010936_10144633.jpg
キタガワノホトリ


行政一辺倒の支援で、いち市民みたいになっていた住民だって、まずは拠り所がないと、相談も会議もできませんよね。やがては独り立ちできる市民になったときに、やはり場所の存在は大きいでしょう。ひと昔でいえば、まちのサロンであったカフェなんかは、わかりやすい場所ですよね。いまでも、もちろんキタガワノホトリにもありますけど、コミュニティカフェってあちこちにありますもんね。

ようするに、コミュニティカフェや、公民館やコミュニティセンター、市民活動センターや市民活動支援センターってカテゴリの場所が、その自治体にどれだけあるかで、まちのステキ度や満足度に違いが出てくると感じるんですよね。

だって、これら全てがあるまちには、多様な主体の中間支援組織があるし、行政にはピカリと光る逸材がポコポコいてたりするんですよね。理解ある課長さんとか、日本を飛びまわる若い職員がいるとかね。官でも民にも、その自治体で動きまわる人がいれば、嫌が上でも他にも影響するし、刺激になるもんですからね。ましてや、僕ら民間には、自治体の境目はないですからね。

だから、三重県南部に民設民営のキタガワノホトリがあるって、実は大事じゃないかなって感じています。

ここがなければ、可能性を成就したい人はどこに行けばいい?たとえば、一般社団法人の作り方をレクチャーしてくれるとこって他にある?新規起業するにあたり、公民館やコミュニティセンターは、支援プランを紹介してくれる?カフェをしてみたい人が、お試しに腕試しできる場所ってある?市民が自治体の境目なんかを通り越えて、月に一度とはいえ、交流ができる場所ってある?

それぞれの役割があるなかで、キタガワノホトリにも役割はあると感じるんですよね。この感覚がわかるかどうかも、実は大事なんだけどね。少なくとも、それがわかる人たちには、キタガワノホトリを使い倒して欲しいって気持ちです。

ここでどれだけの人が、切磋琢磨し、反面教師にしたことか^^;

地方自治体って、ほっといたら消えますよ!

by kurage874 | 2014-10-21 10:15 |  海月のぼやき
<< 【丹波水害支援_床下対応メイン... 【キタガワマーケット】二瓶窯(... >>