海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
熊野を魅せる旅案内をする
11月の連休に、僕が好きな熊野の日常を案内しました。

参加者は、関東から1名、関西から2名の参加がありました。3連休とあって、逆に日程調整できなかった方が多かったようです。
c0010936_121487.jpg
キタガワノホトリ


尾鷲市内のキタガワノホトリで落ち合い、施設を案内したあとに、熊野市内に向けて出発しました。コースは、大曽根から九鬼に抜ける旧道を走りました。ここが超ナイスな風景を魅せつけてくれます。
c0010936_1223191.jpg
桃頭島(王蟲島)


大海原に向かっていく王蟲のような桃頭島が見え、遠くは志摩半島も見渡せます。熊野灘が眼下にあって、九鬼のブリ敷も見渡せます。皆伐をしているので、いまの景色は最高です。
c0010936_1243061.jpg
九鬼湾


九鬼では、干物と雑貨のお店に寄って、ここでしか売っていないお土産を買いました。僕は、定番の削り節を買いましたが、食べきればいときは冷凍保存もできます。
c0010936_127169.jpg
鬼ヶ城


九鬼から311号線で三木里まで移動し、熊野尾鷲道路で大泊まで走りました。夕暮れが近づくなか、鬼ヶ城を見たいとのリクエストに応えて歩きました。落日の鬼ヶ城も勇壮で、海と空と鬼ヶ城のコントラストがたまりません。
c0010936_1291454.jpg
夜食?


さっぱりと湯の口温泉に入ったあと、夜はさらに地元の1名と合流し、夕食と夜食をハシゴしました。実は、ここまでは順調でしたが、この日は折しもスポーツの合宿などがあって、熊野市も尾鷲市も宿泊客でいっぱいで、普段は絶対に空いている民宿までもが、連休の観光客もあって満室御礼でした。そこで、最後の手段の未来874事務室をご案内しました。
c0010936_135913.jpg
大森神社


c0010936_138160.jpg
神事の後は、みんなで宴


次の日は、育生町大森神社祭礼に参列しましたが、どぶろく祭りとも呼ばれているどぶろくを堪能してもらいました。厳かな神事や、地元主体の素朴で賑やかな祭りを、最初から最後まで楽しんでももらいました。最後の餅ほりは、初体験の参加者もいて、「まるで強奪戦だわ」とのことでした。
c0010936_1385424.jpg
大丹倉


祭りをあとにし、夕暮れどきに合わせて、赤倉の大丹倉へ案内しました。早朝の雲海もステキですが、夕暮れも最高で、熊野三山辺りに落日する瞬間と、その後の夜の帳が落ちるまでを体験してもらいました。熊野の雄大さだけでなく、ここが神が住まう土地であることを、いやが上にも感じたことでしょう。
c0010936_1431833.jpg
大丹倉の落日


暗いなかを車に戻り、熊野灘の魚を堪能できる店に入り、かんぽの湯で温まったあとは、未来874事務室で、ひらってきた餅を焼きました。これまたウマイとの声で、ひとり2個は平らげました。そして、そのまま2日目の宿泊へ…1泊2日の旅が、2泊目となったその理由は…
c0010936_1501840.jpg
飛鳥熊レス村


なかば強引に、飛鳥熊レス村での畑作業も堪能してもらい、さほど嫌そうでもなく、土いじりをしてくれました。ここでの作業が、きっと次に来たいとなるはずです。だって、赤大葉高菜とホウレンソウが待ってますもん。
c0010936_1523035.jpg
七輪BBQ


実は、これを食べさせたくて、予定外の労働をしてもらった次第ですが、言わずと知れた例の焼き肉屋さんのホルモンです。炭火で焼くから、ことさらウマイこと間違いなしです。実家の家族も巻き込む、賑やかな宴となりました。
c0010936_1564657.jpg
焼きミカン


これ以上はタイムリミットとなり、それでも2日連続のかんぽの湯で汗を流し、キタガワノホトリにて解散しました。そういえば、大ちゃんに言うてた、那智黒石の制作現場に案内できなかった。すまなかったね。

とは言え、2泊3日の端無的熊野探訪は、そこそこの評価をいただいて、なんとか無事に終わりました。次回は、ちゃんと宿泊先も押さえてご案内しますね。まあ、雑魚寝も楽しかったですけど。

参加された皆さん、ありがとうございました。

なお、次回は年明けに予定します。声あれば…

by kurage874 | 2014-12-03 02:03 |  東紀州漫遊記
<< 端無父娘、東京ディズニーランド... ナンとカレーが好きな父娘 >>