海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
テクニカルボランティアを育成する
先週末、兵庫県丹波市に行っていました。

代表幹事を務める日本テクニカルボランティア協会主催で、災害時にも役立つチェンソー講座を開催しました。丹波市内外から、定員いっぱいの参加をいただき、丹波レストレーション、熊野レストレーションなどから講師を招いて、チェンソーの使い方から、災害時での取り扱いと現場コーディネートを学んでいただきました。

実際に被災している現地でやることで、とても真剣に取り組んでいただけました。また、午後からは作業しながらでしたので、懸案となっていた支障木も片付かりました。今回も、ボランチカフェでサポートしたので、オンとオフがしっかりととれました。

今後も、定期的に開講しながら、復興を担える人材育成に努めます。また、皆さんのところにも呼んでください。いざという時に動けるかは、日々の活動をどれだけやるかです。

c0010936_11004087.jpg

http://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/201501/sp/0007688597.shtml

 昨年8月の豪雨で大きな被害が出た兵庫県丹波市市島町徳尾で25日、チェーンソーを使った災害ボランティアの講習会があった。同市や神戸市など県内外から25人が集まり、現場作業をしながら安全な扱い方を学んだ。

 特殊な資機材を使う日本テクニカルボランティア協会(丹波市)の主催。チェーンソーは災害で人命救助ができるほか、同市の災害現場で倒木処理や危険な樹木の伐採に役立っている。

 この日は同協会のメンバーらが講師を務め、民家裏で樹木の伐採を実演。作業しやすい場所に倒すなどポイントを説明した。初心者の参加者らは「刃が地面につかないように」などと助言を受け、倒した木をさらに切断するなどした。

 防災士の資格を持つ加古川市の女性(42)は「いざというときのため練習しておくことが大事だと思った」。地元ボランティア団体「丹波レストレーション」の余田真弘さん(38)は「今後、行政支援が入りにくい場所などで木を処理するニーズが増えると思うので多くの人に手伝ってほしい」と話した。ボランティアの問い合わせは同協会TEL0795・72・4402(森 信弘)

by kurage874 | 2015-01-26 10:47 |  市民減災まちづくり
<< 【拡大理事会】1月の拡大理事会... 熊レスの県外支援が、やがては県... >>