海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
東紀州コミュニティデザインの会議報告
「このマチは、デザインしていかなくては、オモシロイものにはならない。」

この言葉に集約されるミーティングになりました。
参加者は、台風の大雨の影響もあり、2名欠席した3名で行われました。詳しく説明しないまま、興味と好奇心で集まった3名ですから、それなりに興味深い話になりました。

まずは、お互いを再認識する為に、長い自己紹介をしあい、気づかないところで、すれ違っていた過去をおもしろがりました。案外、皆さん、仕事以外で、どこかで何かをしているんですよね。

「そのデザインは、デザインされてる事を、知られてはならない。」

仕掛ける側の意図や思いが込めれた、さりげない演出(デザイン)でないと、いかにもマチヅクリのためにデザインしました感は、この地域にそぐわない形になっていくとの話も、共通の認識でした。そういう事例のような話にもなりました。

「そのためのキーワードは、私たち30代前半。ここが現世と未来を繋いでいこう。」

これも共通認識でした。まずは、同じ環境下で生まれ育った同世代で話を重ね、いまなお元気な高齢層と、これから担っていってもらいたい若年層を繋いでいこうとなりました。興味深い話として、この地域は、70代・50代がメチャクチャ元気です。配列から見ると、私たち30代もそれに乗っかれますが、今までのようですと、その繰返しにかなりません。ここらで、温故の思いを持ちながら、知新の勢いで将来を展開していく話をしました。

20時前に始まったミーティングは、気づけば0時半を超える話になっていました。何かをしたい思いを持ち、それを勢いだけでやることはせず、上と下を見ながら戦略的にできそうな、仲間ができた感じです。

「このマチが、楽しいマチになる、そんなソウゾウができる…」

次回のミーティングが待たれます。

by kurage874 | 2005-09-06 12:12 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 尾鷲の雨粒 天気図をみる~もちろん営業中です~ >>