海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
夕方から閉店
※10日のお話です。

月曜日、あいにくの天気になり、夕方にかけて激しく降るとの予報。
ただでさえ人通りが少ないのに、これで雨足が強くなるなら、期待は薄ー

気分転換も必要と、夕方から閉めて、友人たちと夕食に出かけた。
大紀町のあみ焼き鳥めざして走ったが、予報どおり雨足も強くなり、はやる気持ちを抑えながら。しかし、いざ到着してみると、定休日…そりゃないよ、っていうか調べていけよ。

それなら、もう松阪しかないと、新しくできた紀勢自動車道に乗るために、大宮大台ICまで戻り、ETCでスーと入った。でも、ここのETCは、まだバーが登場している。そいや、大阪行った時は、バーはあがりっぱなしで、この方が後続車に気を取りながら、「もしかして開かないのでは」という不安もなかった。

ETCのバーは、性善説でいかなくては、と思いながら、交差道路の対向車には、2台しか会わなかった。それにしても、やはり早い。松阪まで気分的にもあっという間だ。また、旧大台町の周辺は、眼下に国道42号が見えるので、高い場所を走っている臨調感がある。

お店を算段しながら、松阪ICを下りて、最初の信号を右に折れ、そのまままっすぐ走った先の交差点の右の焼き肉店に入った。気になってたお店で、月曜日というのに満席に近い。松阪肉を始め、岩清水豚や伊勢鳥など、興味をそそるお肉が並ぶが、タンや内蔵モノや生モノがないので、少々拍子抜けした。

しかし!お肉は旨い。
タレ付けのお肉は、あっさり醤油ベースと思われる付けダレをくぐらせると、そのしつこさが和らいでバクバク食べられた。豚トロも若鶏も負けていなくて美味しい。つい大飯もかきこんでしまった。

最後の客になるまで食べていたが、この後襲った悲劇は、とてもブログでは公表できないので、やめておくとする。同伴した友人たちに迷惑をかけて、申し訳ない気持ちでいっぱいである。

降りしきる雨の中を朦朧としながら、それでも楽しい夜を過ごせたことに感謝して、早寝した。

by kurage874 | 2006-04-11 13:15 |  三重県漫遊記
<< 雨 これから食事に… >>