海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
もしかすると、わかってないのは、僕かも知れない。
今日、サンバーストとプライスカットまで、買い出しに歩いて出かけた。

まったりとぬるい、汗ばむ天気に、気分は冴えなかった。
紀望通りを駅向いて歩きながら、考え事をしてみた。けっこうこんなときに考えたりする。

「僕と言う人間の必要性、あるのか?」

…カフェの経営をしながら、なんとか生活している。
本当に、なんとかの生活だ。華やかに見えるのは、貯金を切り崩しているから。
まあ、気にならない性格だし、なくなれば働けばよいさの性格だから、なんにも不自由は感じないが、僕と言う人間が、この尾鷲でやっている活動や、吐いている言葉や、率先的な市民になろうとしていることは、いまのところ満足な生活ができる水準に至っていないのだ。

資料をつくり、提案をし、メディアに登場し、様々な方と話をし、カフェを休みにしてまで動き回っていることは、悲しいかなお金になっていないのだ。それでも、何かが変わり始め、動き始め、共鳴しているのはわかるけど、それは、疲弊していく貯金とのせめぎあいなのである。

僕はそれでもよいと思うからやっているけど、こんな状態では後に続く者が出ないのではと不安になったりする。だから、

「僕と言う存在の必要性は、この地域にあるのか?」

と考えてしまう。独りあがきながら、それでも寄ってくれる仲間に助けられながら、ここまで来ているのに過ぎないが、自分に満足していない自分がいる。

だいたいは、
わかっていて言っているんだけど、
一人の限界を感じているのは確かである。
もしくは、自分という小ささ、無知…

それでも、動かないことには、かわらない。
僕は、神でも、政治家でもないけれど、
平凡な市民として、
かえていきたいと思うところがあるから、
動かずにはいられない。
しかし、
この仕組みが、いまやっていること全てが、
やがては絶対的に必要になってくることだけは、

確かだ。

この地域ですることに、意味があることも。

by kurage874 | 2006-06-29 00:33 |  海月のぼやき
<< 定例会がありました。 定例会をしましょう(29日) >>