海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
東紀州地域振興創造会議全体会
気づけば、もう6回目です。

今日は、分科会の中間報告会が主な議題で、その後は、今後の取り組み方でした。
月末は、カフェの総売上が気になるので、何かと粘ってからの参加で、ギリギリでした。
しかし、今月も低空飛行でした。先月よりはマシでしたが、このままでは撃沈します。

中間報告は、観光・まちづくり・産業振興の3テーマからなり、報告と質疑応答で進みました。

参加していて、公募された身で申し訳ない発言ですが、何かもの足りなさと好奇心が湧き上がってこないのが正直なところで、淡々と進んでいくことに抵抗感を感じながらも、なにか閉塞感で、「ま、いいか」って気持ちにもなったりしています。

それでも、発言はしている方で、会議中に何も言葉を発しない委員さんもいるので、苦痛でないのかなと案じたりもしています。また、そういった発言が出来るような雰囲気を作り出す難しさも承知しています。

会議としては、画期的な会議だと思うし、仕組みが成立していく過程でもあるので、致し方ない気もしています。だからこそ、僕も期待を持って参加しているわけですし、もう少し違った視点でのテコ入れの必要性も感じています。

しかし、少なくとも、ここに参加している委員さんたちが、何かしらの形で活動していて、その中で、閉塞感や行き詰まりや、あるいは良いことや希望的観測を持っていて、それが、この会議の場で、共有や拡散に繋がればと思っているのですが、どうも言葉だけで終わってしまってて、「あの人はどんな関わり方を地域でしているのだろう」って、基本的なことすらわかっていない現状です。

例えば、勝手我がままな意見になりますが、僕がまちづくり系で活動していることを、この委員さんたちにお知らせして協力を願ったとして、何人助けてくれるかの自信が無いです。それは、来ない人たちへの不満ではなく、それだけのことをしていない自分への反省や憤りです。

そういった、会議だけでない、活動を通しての相互の理解を求めている自分がいます。
そのなかで、見えてきたり、方向性が話し合ったりできることが、あるように感じています。それは、外部の手助けだけでなく、この地域に住んでいる人たちの、ハチドリ計画なのかもって思ったりしています。

任期はあと1年です。

公募していただいた方の期待に応えられるよう、また自分への使命感と達成感を得るために、もう少し前向きに考えてみようと、行動してみようと思います。

by kurage874 | 2006-08-30 23:02 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 文武両道 気になる邦画が多いこの季節。 >>