海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
放課後の子ども
今から25年前だから、僕が8歳のとき、小学生の僕たちは、集団登校で学校に行った。

僕の家は、小学校から二番目に離れていたので、約2kmの道のりを、30分かかった。
しかし、帰りは、学年ごとに終了時間が変わるので、道草や寄り道で1時間以上かかった。

今日のような暑い日は、「水ちょーうだーい」って言いながら、下校途中の見知らぬ家で水をいただいた。そのうち、カルピスを出してくれるところが出てきて、ピンポイントで寄るようになった。

田んぼに水を引く水路や小川では、魚を手づかみし、柿を盗んで喰ってどしかられたり、山道を歩いて帰ったりした。そのどこかしこでも、大人がいて、悪いことしたら叱られて、良いことをしたら褒められた。こっちも声をかけて挨拶したが、僕たちが何をしているのかは、大人にはわかっていた。

もう、25年前のような出来事は、古き良き日本の風景になってしまったのだろうか?

寄り道や道草をくっていたら、誘拐や殺人や犯罪に巻き込まれるかもしれない世の中になってしまっている。子どもを帰宅させず、学校でそのまま預かって欲しいと言う声も出始めている。数年前までは、家に帰ってもテレビゲームばかりするので、外で遊びなさいなんて言っていたのに…

もう外では遊べない、一人では帰ることもできない、帰宅して家にもいられない…尾鷲はそこまでいっていないだろうけど、日本は安全ではなくなってる。確実に。

放課後の子どもは、何をしてもいいはずだった。道を外れると、だれかれとなく声をかけてきた。一人でも、一人ではなかった。しかし、今では、親ですら、子どもが学校に留まることを切望している地域もある。犯罪に巻き込まれないために。

もう一つ、海月のエピソード。

学校帰りに、停まった車から、見知らぬおじさんに声をかけられた。
「乗せてったろ」
海月は、頑として断った。
「お母さんが、知らん人についてったらアカンて言うとったもん。」
「お母さんのこともしっとる。」
「イヤ!乗らん。」
「…じゃあ、ち○こ見せたら乗らんでもええわ。」
海月は、躊躇することなくパンツをずり下ろした、らしい。

あとで、そのおじさんが両親の友人であることを知ったが、まあパンツを下ろした行為はいただけないとしても、犯罪に気をつけるのは、子どもと言えど、自分自身であった。そのために、親には教育をされていた。

学校に留めるのも一つの方法であるが、何かが、順序が、間違っていないか?

by kurage874 | 2006-09-10 19:41 |  海月のぼやき
<< 気づかないままでも、時間は進ん... 長い1日、でも外出は無し。 >>