海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
尾鷲市は南北に長い~三木里~
三木里の町は、以前も歩いて感動した。

その時は、萬太屋で手打ち蕎麦の会席を楽しんだ次いでであったが、三木里も国道から奥が深く、昔の様式の家もまだまだ残っている。特に、昔の銭湯の名残の家から、萬太屋に続く坂道の家並みは、独特の世界観に浸ることができるスポットである。

気がかりなのは、ご多分に漏れず、空き家が多いことであるが、手入れをしているところも多いので、年中行事の都度、風を通しているのかも知れない。その路地を歩いてみたが、なげない古いものでも、普通に利用している生活環境の不変さに、この地区の誇りのようなものを感じた。

まちの誇りというのは、そこに住んでいる人たちの歴史の積み重ねであり、その歴史に曇りが無いという自負が、誇りとなって継承されている気がしてならないのを、ここ三木里では感じることができる。

前回の訪問で、山茶の栽培を見せていただいた。
小高い山の中腹からは、雄大な太平洋が広がっており、ほのかな潮風と、山からの吹き降ろしの風を受けて、山茶は昔と変わることなく青々と茂っていた。この地域の番茶は、ほとんどが山茶を手積みし、釜入りし、手もみし、乾燥されてできる、自家製の和製烏龍茶でもある。海月の実家も、同じような製法で番茶を作っているが、この地域独特の文化とも言える山茶の栽培と製法を、今後も受け継いで行く使命があると思う。

八十川の上流には、三木里インターが建設中である。

ここができることにより、三木里へのアクセスも便利になり、三木里海岸も利用客が増えるかもしれない。また、名柄地区には、海洋深層水の製品化工場も稼動しており、周辺の環境整備と地域の人たちの共生が、今後の課題になりそうな様相も見え始めている。しかし、閉校した北輪内中学校など、負の財産といわれる施設も、使い方や企画によっては、この周辺環境とのタイアップにより、三木里は様変わりする可能性も秘めているといえるのではないだろうか?

もしかすると、三木里は、暗い話が多い海岸部の新たな脱却を、率先的にしていく地域になるのかも知れない。そのときに、遺されている歴史ある財産は、大きな役割を果たすことに、間違いないと言えよう。
c0010936_003516.jpg



by kurage874 | 2006-11-06 01:01 |  owaseを愉しむ
<< 尾鷲市は南北に長い~三木浦~ 尾鷲市は南北に長い~古江~ >>