海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
名古根美津子写真展(1月2日~14日)
お正月写真展第2弾になります。
第1弾は昨年のみやちとーる写真展でした。

今回は、名古根美津子の写真展を開催します。
中判カメラに収められた幻想的なまちをお楽しみ下さい。

入場料などは要りませんが、ワンドリンクでお願いします。ゆっくりと観賞してください。時間によっては、本人にも話を聞くことができるようです。
c0010936_22505662.jpg


☆プロフィール
名古根美津子(ナゴネミツコ)
 尾鷲生まれ、尾鷲育ち。
 東京ビジュアルアーツスクール広告写真科卒業後、2002年、渡米、NYへ。2005年、La Guardia Community College(ラガーディアコミュニティーカレッジ)写真科卒業、写真家のインターンやアシスタントを経験。その後、フリーで作品を撮り続け、NYおよび東京にて個展、グループ展を開催。
 現在、日本に一時帰国中。

☆過去の主な展示会
 2002「Melisa」東京都美術館、グループ展
 2005「Sky-lit」Lamp (池袋)、個展
 2006「Gray」 Panya (NY)、個展

☆今回の展示内容
 『Concept of My Work "Gray"』
 ※解説
  灰色に染まった建造物のコンビナート、それは、空 の色、街の色、そして匂いをも変える。常日頃の生活 に関わるものの原形がこういった工場達によって産み 出されるか関与し、今の生活に必要不可欠とも言える だろうが、その日常とかけ離れた時間と空間がその地 帯にある。それは、むき出しの鉄のパイフが縦横に建 ちめぐり、煙突から立ち上る炎や、黙々と出る煙、機 械的な雑音など、まるで工場達その物が熱く燃え上が るかのように激しく働く。しかし、その傍には穏やか に見える小さな街がある。人が合理化のために造りだ した壮大な建造物に魅きつけられ引き込まれ、人間の 才知を目の前にして、人間の愚かさと、虚しさを同時 に感じてしまう。日常と非日常的な空間との狭間で私 はこの疑いを発する。

by kurage874 | 2006-12-29 22:50 |  CReAMイベント
<< 名古根美津子さんが取材を受けました。 近所で火事(ボヤ)発生! >>