海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
健康とゆとりの森で、この地域の精神性を感じる。
それにしても、行き先の看板が少ない。

八鬼山トンネルを九鬼側に抜けて、看板が出ている左を曲がるところまではよいが、十数メートルいくと分かれ道。目を凝らさないと、右だとは分かりづらい。ちなみに、左に走ると、けっこうな山深い中を抜けて、行き止まり。

健康とゆとりの森までは、県道中井九鬼線を走って行くのだが、この道の険しさは半端でない。右手に九鬼湾や太平洋を仰ぎならが走る景色の良さはあるけれど、カーブが多く、対向車が気やしないか緊張の連続である。

ここでも、分かれ道が出てくるが、己を信じて道なりに進んで行き、カーブの先の突然左手に、次なる看板が出てくるのが、ゆとりの森の入り口である。ここからはひたすら上りの道で、途中分かれ道があるが、道なりに進めば大丈夫。
c0010936_13143862.jpg
急峻な場所だと分かるでしょ


c0010936_13151930.jpg
熊野古道センターと夢古道おわせが見える!


ここからさらに上ると、稜線の終点にちいさな駐車場と、平成11年のみえ歴史街道の時に建てられた看板が見えてくるので、ここからは歩きである。ちなみに、これより先に進める道があるけれど、行き止まりで何もないからいかなくてもOK。
c0010936_1318672.jpg
相方たちは、セッタとツッカケやん


間の長い階段を上って、視界が開けたところが展望の丘である。海側の視界が絶景で、限りなく海と山である。森が海まで迫り出し、先人たちが植林した檜が、あんなところまでと言うほどに拡がっている。
c0010936_13192679.jpg
体力消耗で、景色を見る余裕の無いM氏


c0010936_13235142.jpg
もう少し見えたら…


ソーラーパネルをうたった場違いな時計台は無くてもよいけど、せっかく整備したなら、展望台があったら、もっと爽快な景色が見えるだろう。仕方ないが、視界を妨げている木々ももう少し無かったらいいのだが…
c0010936_13263371.jpg
気を取り直してたたそがれるM氏


c0010936_13285350.jpg
別の場所からのアングル


それにしても、尾鷲市街は猫の額に人家がへばりついてみえる。それでも、ここで営みを続けているプライドは、こうした雄大な山と海の自然に抱かれた心地よさがあるからなのか?本当にいいまちである。
c0010936_13314091.jpg
神々しい


熊野三山の方角に目をやると、稜線がどこまでも連なって見える。その山深い中の一角に、熊野古道が踏み固められ、そこを補陀洛世界を目指して、蟻の詣でをしたのだろう。この場所には精神性の真髄を感じることができる何かが潜んでいるのは確かである。

友人は、「何もないのが、本当は求められている」と言った。
まさにその通りで、この地は、太古の昔からあるものが財産で、それはどこを探しても無いものである。観光客という種類の人を集めるのではなく、この地の精神性や人間の原点を求めてくる人に響けばいいのではと、こうして景色を見ていると思えてきてならない。

山と海が回帰する日は近いのかもしれない。

by kurage874 | 2007-04-04 13:28 |  owaseを愉しむ
<< 桜夜桜 とりあえず、合格 >>