海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
シアターオアシスが閉館します。
商店街通りのシアターオアシスが、今月の上映を最後に閉館します。

新聞の報道で知った方もいることでしょうが、この地域での市民的な活動の難しさを痛感する出来事で、他人事とは思えないショックに似た気持ちを受けています。主宰するロマン座シネマ倶楽部の東川代表や青木副代表とは、何度か話もして、継続させるか否かも、代表を交えて話をしていましたが、スタッフの激減や、採算性が取れないなどの理由で、どうすることもできませんでした。
(補足:ご指摘を受けていますので、加筆すると、代表と話をしているという下りは、本人様より、カフェには行ったけれど、交えて話をしたつもりではなかったとのことでした。副代表とは、メールも交えて、会って3~4回程度話をしました。副代表との話では、現地にメンバーがいて、形を変えてでも継続していく希望があれば、開催場所や資金調達で支援できる部分があると伝えました。しかし、後日に代表の話を聞いてみて、既にそのような話をしていたことや、それに対して反応が薄かったとのことでしたので、現地で活動を継続させるスタッフが少なく、採算が取れていない状態であれば、私やプロジェクトCReAMが支援することも難しいだろうと判断しました。)


「いらないものは続かない」

この原則は、確かに当てはまるのですが、これが商店街通りの現実となり、シャッター街となり、それ以後の回復するきっかけをつかめていないのだと感じています。必要ないものが淘汰されるとしたら、私たちの活動にもその危機はついて回ります。実際、メンバーは減少しているし、活動は当初よりはトーンダウンしています(意図的にしていることもありますが…)。

最近では、中村山にイルミネーションを点灯させていた「イルミネーション実行委員会」が活動を休止しました。また、この地域の市民活動を率先していた「ネイバーガーデン」も、メンバーの減少もあり活動をしていない状態です。商店街通りで言えば、「栄町商店街通り」の夜店も、昨年は中止になっています。

反面、「天満浦百人会」、「中井和っしょいの会」、「矢の浜語り部・だまり部」など、町単位の市民活動は、市行政の支援もあって活発に活動しています。熊野古道の世界遺産登録が、その後押しをしています。この活動が、他の町にも拡がっていくことにも期待しています。

しかし、この地域の市民活動は、バランスが悪いというのが海月の感想です。

ロマン座シネマ倶楽部が活動を休止(事実上は解散に近いということですが)するのは、この地域で横断して活動する団体が、また一つなくなるということです。東紀州を見据え、少なくとも紀北という地域でみても、こういった種類の市民活動は、「いらない」とは言えない気がしています。プロジェクトCReAMのように、どこにでも顔を出せる市民活動も、「あり」と言える地域であって欲しいと願うのは、かかわりのある海月のエゴなのでしょうか?

ほっといたら、いずれはなくなります。間違いなく。

一度無くなったものは、元に戻すのは容易ではありません。この地域の人口から見ても、察しがつきます。自然消滅した市民活動は、過去にもたくさんあったはずです。

「当事者になって欲しい。」

そう願うばかりです。
それしか思い浮かびません。
(補足:この商店街通りが、人が行き交い交流が生まれる場所になることに、ささやかながら尽力しています。コミュニティカフェCReAMの経営やサロンHASU、1点モノ古着函箱の運営支援、また、率先的な市民を目指すプロジェクトCReAMの活動拠点として、さらに、尾鷲暮らしをたのしむためのクチコミ情報誌owasebon制作委員会の活動拠点とししてです。プロジェクトCReAMでは、この夏に商店街通りでの夜店復活を検討し、商店街通りの店舗さんと協力・助言いただける内容の企画を書いています。私個人では、市議会議員としては、規則があり順序もありますが、市民益を考え発言する内容には重さがあります。そして、尾鷲市民としてできることも、今までしてきたように、地域の枠を超えて縦横無尽に動くことができます。足りない部分は承知の上ですが、自分が活動していることに責任を持ってやっています。叱咤激励は大変に活力になりますが、「尾鷲の人とは違う」などと言われても、「いたしかたない」と言うしかないので、50年もいればそのうち尾鷲の人になりますから…)

by kurage874 | 2007-04-18 19:45 |  海月のぼやき
<< owasebon第13号の締切日 第6回 和菓子講座に参加してい。 >>