海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
熊野古道のジレンマを見た後で
昨日のテレビでは、期待と「やはりそうだろな」の2つの気分だったが、後者の方が勝っていた。

八鬼山の落書き問題が焦点になっているわけでなく、”熊野古道のジレンマ”という意味で取りざたされていました。熊野古道の世界遺産登録には、海月自身も時期尚早だったのでは?という考えが拭いきれていないので、当初から、「あと5年もすれば、草ぼうぼうのもとの道に戻るところも出てくる」と、言ってきました。

それは、峠を守り、後世に遺していくための受け皿づくりができていないのと、第1次産業が色濃く残るこの地域で、林業家への対応が後手に回ったことがあるからです。前者で言えば、道案内の古道語り部たちが高齢化であることと、峠と峠の間のまちなかに、景観を守り統一感を出す仕組みづくりや組織が構築できていなかったことが挙げられます。また、林業では、八鬼山問題が顕著な例です。
c0010936_2382581.jpg
八鬼山よりの眺望


世界遺産の登録で、訪れる観光客は一時的には増えましたが、伊勢路をみても右肩下がりで減少傾向です。落ち着く数字は出てきますが、それはこの地域の魅力をどう演出するかにかかっている気がします。そのために、三重県立熊野古道センターや、夢古道おわせ、紀南中核的交流施設…などなどテコ入れがされていますが、最終的にはここに住む人の意識です。

「人が古道をつくり、古道が人をつくる」

番組最後の言葉の通り、熊野古道をつくり、守ってきたのは、私たちの先祖です。それは、熊野三山を求めて巡礼する人たちに、少しでも楽に歩いてもらいたい気持ちと、自分たちの思いも三山に連れて行って欲しい気持ちからだったからです(おそらく)。今も、その思いで古道を守る人たちはたくさんいます。

その思いを、ここに住むあらかたの人たちが、今の時代に取り戻せば、どこからでも人はやってくるでしょう。聖地熊野に続く沿道は、そんなまちなのかも知れません。

by kurage874 | 2007-05-28 23:05 |  海月のぼやき
<< owasebon第13号反省会 5月の大同楽座通信 >>