海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
会議・打ち合わせも多かった週末
先週末にかけて、会議や打ち合わせが多かったです。

◆プロジェクトCReAMによる7月イベントの打ち合わせ
 日時:6月5日(火) 22時
 内容:プロジェクトCReAMの年間イベントに合わせた打ち合わせをしました。商店街通りでのイベント時期を7月としていて、企画責任者の青木三明君に調整と企画をしてもらっているので、その報告と取り組み方の話をしました。近々、商店街通りとの折衝に入ることが決まりました。

◆HCDによる”ごみナビ”打ち合わせ
 日時:6月6日(水) 22時
 内容:HCDスタッフによるごみナビへの取り組み方の打ち合わせをしました。近々、おわせ港まつりと燈籠祭でのごみナビを依頼されているので、統一感のあるごみナビにすることを話し合いました。伊勢宮川花火のごみナビを手本にしていますので、そちらとの連携も考えています。

◆7月7日(土)に、世界遺産登録3周年記念イベントを、商店街通りで開催する打ち合わせ
 日時:6月7日(木) 18時
 内容:プロジェクトCReAMの年間イベントで、”商店街通りでのイベント開催”があって、ちょうど中井町商店街通りで、世界遺産の登録記念イベントが開催されているので、それに協同したイベントにしようと、まちかどHOTセンターに仲介してもらいながら、商店街通りへの理解と参加を呼びかけました。今年は、商店街通りを中心とした一体感のあるイベントになりそうです。

◆8月のおわせ港まつりで、ごみナビゲートを実施する打ち合わせ(第1回会議)
 日時:6月7日(木) 19時半~
 内容:おわせ港まつり実行委員会と、HCDとの打ち合わせで、2年目のごみナビについて意見交換しました。昨年の反省を踏まえて、今年は、「やがてはごみは持ち帰る」を目標にした取り組みをすることになりました。次週あたりに、コアスタッフとの第2回会議をすることになりました。また、今年は、紀北町の燈籠祭でも、ごみナビをする予定ですので、この地域でのごみナビの連携を目指します。

◆owasebon特集のための、須賀利取材の打ち合わせ
 日時:6月8日(金) 15時
 内容:須賀利在住で、須賀利のまちのよさをを広報してくれている、世古あけみさんと連絡を取り(まちかどHOTセンターの丸田さんにつないでもらう)、owasebonの特集で、すがりをテーマにするために、この土曜日にまち案内をしてほしいと依頼しました。快く引き受けてくれて、巡航船で須賀利に向うスタッフの受け入れや、簡単な昼食まで用意してくれることになりました。スタッフともども楽しみな企画です。

◆第2回定例会における一般質問の聞き取り
 日時:6月8日(金) 19時
 内容:今月の定例会では、一般質問を予定しているので、新産業創造課からの聞き取りがありました。来週初めにも、もっと話し合う機会をつくりますが、本番は議場で。また、まちづくりに関連して、さまざまな意見交換ができました。この分野では、やりあうことよりも、お互いが同じ目標の上で、一致団結していくことに視点を置いています。

◆人情集団「An-Pon-Tan」スタッフとの顔合わせ
 日時:6月9日(土) 11時
 内容:人情集団「An-Pon-Tan(あん・ぽん・たん)」の事務局スタッフである、”東谷瞳”さんと顔合わせをしました。海月の中学校時代の教え子が繋いでくれて、はじめてその存在と活動をしりました。彼女自身、障害者2級を持つ身でありながら、普通学級への通学と、大学への進学を経て、今年の三重県職員に採用されたパワフルな女性で、22歳の溢れるパワーに圧倒されました。彼女のような存在が、障がい者と健常者を繋ぐカウンターパートとして必要な存在であることは、間違いのない事実です。遠くない将来、この地域での交流を視野に入れた話し合いをしました。

◆owasebon第14号特集のための須賀利取材
 日時:6月9日(土) 12時半(海月は16時前後)
 内容:owasebon第14号の特集は、須賀利(すがり)です。その須賀利に、owasebonの記者が巡航船で向いました。”世古あけみ”さんに町を紹介してもらい、路地をくまなく歩いて歴史や文化や現状を教えていただきました。通りに出てきた須賀利の住民との会話も弾みました。

◆三重県立熊野古道センター「灯りイベント」
 日時:6月9日(土) 19時
 内容:全国的な夏至のイベントとして、「キャンドルナイト」があります。夏至の夜2時間、キャンドルの灯りで過ごそうという環境イベントで、そのイベントに呼応した企画に参加しました。しかしながら、この地域での灯りは、世界遺産登録の記念である7月と、3年目を迎える11月が主ですので、いささか地域としての時期からずれてしまいました。当日は、火起こし名人(野人)が尾鷲に出向いて、キャンドルを使ったイベントを先導してくれました。


とりあえず、土曜日にかけては、とくに夜に会議や打ち合わせが集中しました。久しぶりに、頭の整理に時間がかかりました。しかし、どのイベントも、今後のこの地域の可能性を見出せる内容だと考えています。

by kurage874 | 2007-06-10 18:22 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 須賀利を歩く ブログ未更新… >>