海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
ごみナビコアスタッフ反省会から
昨日の反省会は、連絡のミスもあって伝わりきれてなかった。

ごみナビコアスタッフの定義があいまいだったのか、エコステーションリーダーもサブリーダーもコアスタッフで、対象者は12名ほどいた。参加は、9名だったので会議は成立したけれど、火曜日のプロジェクトCReAMの定例会がなかったら、もっと少なかったのかも知れない。

情報の伝達手段は、mixiでは早くから流しているけれど、直前になると、携帯メールやブログでの開催告知を送ることになる。情報を出す側からすれば、mixiでの意見交換が進めば、当日の進行もスムーズにいくのだが、チェックするかしないかは、当人次第なので、やはり直接には適わない。当たり前だけど、これがけっこう煩わしい。

反省会では、多くの意見が出て、中間支援したHCDにとっても、来年につながる資料が作成できそうだが、10日後に提出されるコアスタッフのレポートにも注目したい。ボランティアをボランティアするコアスタッフには、無償で活動していただいているので、本来は僅かでも実費を出したいのが本音である。これは、来年への提言にもなるだろう。

何をするにも、それをコーディネートする必要がでてくる。ボランティア活動であっても、集まってくるボランティアをサポートするボランティアがいるのだ。分かり易く言えば、災害ボランティアがよい例で、被災者に対して直接的にボランティアするボランティアと、両者をつなぐボランティアが存在することになる。

外部からやってくるボランティアは自己責任であっても、両者をコーディネートするボランティアは、責任や使命が付きまとうことになる。その保障をする意味でも、コアスタッフのボランティアには、最低賃金分か有償ボランティアとして費用弁償することになるのだ。しかし、現状はあいまいで、使命感=金に抵抗感を持つボランティアも多い。

「人は動くと消費をする。その消費にはお金がいる。」

HCDは、そこをボランティア=無償とはしないことで、中間支援事業や市民活動センターの必要性を前提に活動している。だから、HCDがかかわる大同楽座では、協力してくれる個人や団体には、純利益分から有償ボランティアとして費用弁償している。

あとは、理解の幅を拡げることを考えなくては…

by kurage874 | 2007-08-30 19:08 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 矢ノ川峠おもいでの会スタッフに... カフェが出来ない言い訳 >>