海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
まち並み調査団が、尾鷲を歩く
10時~14時の予定で、筑波大学大学院システム情報工学科の社会システム専攻・環境科学専攻・世界遺産専攻のマスターと木場瀬教授が、中井町~林町、見世土井と大同楽座、二村邸、土井竹林などを見学・調査にやってきました。

依頼を受けたHCDは、まちかどHOTセンターに協力をお願いし、受け入れしました。
c0010936_038080.jpg
海月も好きな路地


c0010936_0381622.jpg
ここの曲がり具合も好き


c0010936_039037.jpg
見世土井も見学、圧巻でした


c0010936_0393054.jpg
今しかチャンスはないようにも…


目玉である見世土井の見学には、当主の土井衛さんも駆けつけていただきました。大正末期に着工し、昭和2年に完成したそうで、四国の檜と尾鷲の檜の材を使ったアールデコと純和風の建物には、どよめきと感嘆の声の連続でした。

昼食は、大同楽座で、江戸ッ子手づくりの熊野古道弁当を食べていただきました。リノベーションと運営を実践している大同楽座に、一同感激していただきました。彼らは、ここのよさや役割の大きさを語ってくれました。

また、大同楽座向いの通称「ホリカン」の概観を見た一行は、「ここでなら、フレンチは1万円のコースでも客がやってくる」といっていました。こんな妄想がパッとできる人たちが、もっと身近にいてほしくなりました。見世土井でもそうですが、まずは自分たちで面白く楽しくしていくことからです。

昼食後は、景観を考えてリノベーションした林町のF邸にお邪魔し、当主から改装の経緯や施工の目的などの話を聞かせていただきました。突然の訪問にもかかわらず、気さくに応えていただいた当主のFさんにも感謝いたします。

こうして調査や視察にくることも嬉しいことですが、実際に動いている大同楽座のような物件での協働のあり方や、景観と共生をテーマにした社会実験なども望むところです。

ぜひ、マスターの実験場としても、利用していただきたいですね。

by kurage874 | 2007-11-05 01:00 |  東紀州コミュニティデザイン
<< やっぱりカマスの干物は一番 熊野古道まつりが盛況にうちに終了 >>