海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
メディアにハッピーニュースを期待する
新聞を開いて記事を読む。

◆今日の中日新聞牟婁版の主なタイトル
 ・アカザが生きていた
 ・名称「四季の店旬彩」に
 ・キムチ作り楽しかった
 ・郵便局強盗の特徴をつかめ
 ・住民協力ごみ拾い
 ・マンサク見ごろ
 ・串本沖沈没トルコ軍艦遺物1千171点

◆今日の明日付け南海日日の主なタイトル
 ・所信表明避け議案説明
 ・ハマナツメで知事賞
 ・中道真宏氏の再任同意
 ・太極拳の無料体験教室
 ・シャンプーや豆腐など
 ・全国から申し込み多い
 ・フルートで全国大会
 ・寿文庫の厄年寄付49万円に
 ・サークル仲間遺作も
 ・高齢者55人ふれあいサロン
 ・26日献血キャンペーン
 ・市民スポバドミントン大会

なんのことはないのだが、新聞記事は、できればハッピーニュースが多いほうがよいし、自分では見つけられないような地域のニュースを知ることができるなら、「今度は自分も行ってみよう」、「興味があるので連絡を取ってみよう」など、新聞記事を介して拡がりができるような内容のほうが、海月にとっては都合がよい。しかし、事故や事件などの報道も、注意喚起や戒めの意味も込めて、不必要だとは思わない。

TVの報道でも、この地域のマイナスなイメージよりも、プラスのイメージが先行するような報道の方が、見ていて気持ちがよいし、自分の地域を誇りに思ったり、再認識できたりするので、ニュースは明るいほうが多いと嬉しい。

それが、もっともっと地域に身近で素朴な方が、親しみや「手の届く」感があってなおよい。

海月にとってメディアの報道は、地域のポテンシャルを下げたり上げたりする媒体であると考えているので、確実に影響力はあるし、無いならあってほしいと願っています。そのときに、ハッピーニュースのほうがよりポテンシャルは上がります。

だから、海月や僕の仲間たちは、ハッピーニュースとして紹介されるような活動をしています。

by kurage874 | 2008-02-20 17:37 |  海月のぼやき
<< 今宵の月のように ボランティアまつり2008に参... >>