海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
嫌な感じがするのを共有したいときもある
世の中には、いろんな人がいます。
カフェが暇なので、そんな話をしましょう。

今日、ご無沙汰で会った方から、「白髪増えたんとちゃう?」って驚かれました。確かに頭の両サイドには、白いモノが増えてきて、粉砂糖をふったチョコレートケーキのようです。

もともと白髪体質なのですが、「苦労しとるんやり~」って言われると、思い当たる節はいくらでもあるから、まんざらでないかも知れません。

しかし、今日の本題。

約束とか、秘密とかを守れないというか、簡単に他人と共有してしまう人がいます。話のレベルでは、漏らしても笑いになることや、不利益を与えない程度のことならいたしかたないこともあるでしょうが、墓場まで持っていくような話になると、少々穏やかではありません。それこそ、墓場鬼太郎の登場でしょう…

秘密の約束は、信頼や信用できる人とするもので、結局は、そういう人ではないのに、そういう約束をしてしまう側にも問題は大きいです。しかし、信頼しているからこそするものなので、どっちもどっちということです。

さらに、今日の憤り

それなのに、「自分は無関係、悪くない」を装う、もしくはそのことすら「知らないふり」をされてしまうと、片方にだけ嫌な感じが残るし、憤りとはこういう感覚なのかと、まさに憤るしかなくなります。ましてや、それをバラした新たな別人と共有されてしまうと、秘密はイーブンではなくなってしまいます。

海月の話かどうかは別にして、世の中には、たいした態度の人もいると言う話です。できれば、そういう人は周りにいないほうがよいし、そのような人への対処は、同じように他人に暴露して問題化させたほうがいいのか、泣き寝入りになるけれど、墓場鬼太郎に任せて、淡々としてる方がよいのか悩むところですが、秘密や約束の内容は聞かないにしても、そういう嫌な感じや憤りを共有してあげる環境はあったほうがよいし、そういう体制はあったほうが助かります。

「応援しとるから負けんない」

そう言われて別れた今日の言葉は、もしかすると、神の言葉だったのかも知れません。一点に集中するから悩むことも、上空から見下ろすように考えると、それほどのことでないのかも知れません。それ以上に、周りには応援も支援も、心強い仲間がいるだろうし。

「正義は勝つ!」

そういう世の中であって欲しいし、そういう世の中にしたいです。
真実はひとつしかないのだし、真実は当人同士が一番よくわかっているはずです。

by kurage874 | 2008-03-07 22:13 |  海月のぼやき
<< 第3回古本大市 実は、まだ開店していません… >>