海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
秋葉原通り魔事件と傍観者
現場に居合わせた人たちの多くが、携帯電話やデジタルカメラなどで撮影していた。

現場を撮影し、TV中継を撮影し、中にはリアルタイムに携帯電話のワンセグで確認しながら手を振っていた。そこで殺人が起こったにも関わらず、現場は映画の撮影かライブショウのように見えた。いつもことだが、なぜにTVカメラに笑顔を振りまくのだろう…人が死んでいるのに。

見てる自分も同等なんだろうけど、吐き気がするくらいに嫌気が襲う。
死んだ人たちには、それぞれの人生があった。

誰にも決められないのに、他人によってあっけなく死を宣告されるなんて。それを知ってか知らずか、悲しむようなそぶりの人は映像には出てこない。日本以外では、こういった現場では、肩を寄せ合い、悲しみに暮れる人たちが流れている気がする。それは、死に対しての価値観の違い?

記録することは悪いことではない。
記録がのちに語ることも出てくるし、否定はしない。

しかし、アキバという環境だからか、今回の事件では、ほぼリアルタイムに撮影された画像がネットに投稿されていた。そこには2通りの動機があったように感じる。ひとつは、事件を知らせたいという記者感覚や優越感に似た衝動、もうひとつは、横たわる人や飛び散った鮮血を、「グロ」として投稿している猟奇的な衝動…

同じような事件が近いうちに続くのでは?

確かに、この手の事件では、模倣犯があとに続いている。それは、誰の責任?報道しない方がいいとも言わない。しかし、カメラは、悲しみ暮れる人たちや、死に近づこうとする人を、必死で助けようとしている人たちには興味が無いの?なぜに、鮮血や笑顔でTVに出ようとする人たちを(映像に)流すの?なぜに、このような人たちに苦言を呈さないの…

阪神大震災のあと、東灘区に住む親戚を探しに行ったとき、カメラを手にした人たがたくさんいた。壊れたガレキの家々を撮影し、被災者を撮影し、人が死んで、まだ引き出せていないと聞けば、証拠でも押さえるがごとく撮りまくっていた。TV取材のヘリコプターが幾度と無く飛び交うので、地上の声もかき消された。

「間違っている。」
「いや、これが後に役立つんだから」

2つの矛盾にさいなまれた記憶が甦る。
どこの災害現場に行っても、撮影する人はいる。
しかし、これは災害ではなく殺人事件なのだ。

「ときとして、何が正しいのかがわからなくなる。」

人は殺しても、自身は殺せなかった犯人の、奥に棲む闇なんてあるのだろうか?7年前の池田小学校事件の犯人は、あっと言う間に、他の死刑囚を飛び越えて死刑になった。この世にはもういなくて、同様の猟奇的な殺人事件だけが続いている。

人間の限界を感じずにはいられない。
しかし、人間の可能性は無限大であると信じている。

海月たち日本人は、なにか大切なものを忘れてしまっているのかも知れない。

by kurage874 | 2008-06-09 13:22 |  海月のぼやき
<< プロジェクトCReAMの6月定例会 鳥居みゆきと、メディアがつくる... >>