海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
悪意ある事実で横暴を振るうの巻
ちょっと、聞きずらい話題をひとつ。

友人のフリをして近づいてきて、相手の心を察しているのかのように振る舞い、自分が知りたいことを巧みに誘導尋問する。その尋問は、既につくられた自分の中のシナリオに沿うようにするので、悪意はないように聞いてきても、世に出たときは悪意に満ちた、または他人がみてもそう解釈できる出力になっている場合がある。

ときとして、このようなことに直面することがあって、たとえば、これはメディアでの話しになるのだが、尾鷲に住んで県の事業であった「まちづくり」に関わったとき、インタビューに答えたにもかかわらず、こちらの意図ではないのに、県の協力なしに活動させられているような内容になることがあった。その都度、県の担当者からは真意を問われ、事情をよく知らない住民からは、内容に同調する意見をもらうことになるので、その間で苦悩したことも記憶に新しい。

そのときなどに、県の担当者から言われたことは、「悪意がないようでも、読み手の受けがよいように悪意を持って伝えることがあるから気をつけないと」って諭された。確かに伝える者には「それも事実」であり、「事実を伝えたまで」と、あたかも事実が一つしかないような伝え方をするのである。

しかし、事実は必ずしも一つではなく、受け止め方や感じ方で変化するので、悪意ある事実が一人歩きすることが出てくる。前段のまちづくりの場合、「県の金銭的な支援は終了したが、支援自体は継続している」と言っても、悪意ある出力になると、「県は金銭的な支援を打ち切った。」となってしまうのである。確かに、それも事実にみえるのだが(実際は打ち切りではなく、事業終了)、これをみた人にとっては、「県てひどいんなー」ってなってしまう。

伝えた者にとっては、手柄であり、満足に浸るのかまでは知らないが、悪意ある事実が公に出たあとの対応は、当事者である海月自身がするしかないので、悪意を伝えた者には、「読み手がどう捉えるかは関与するところでないので…」って、言われておしまいである。

「手段を選ばない」行動は、見栄えも格好もよいだろう。しかし、「ひとりよがり」に度が過ぎると、目的のために手段を打つことになるので、登りつめた先には誰もいないとなるのかも知れない。

海月はと言うと、「手段を多く打つことで目的が見えてくる」と考えているし、悪意を持った人に対しても、きちんと説明する責任を痛感している次第である。

しかし、真実は一つである。

by kurage874 | 2008-06-13 00:19 |  海月のぼやき
<< 夢古道おわせのランチバイキング プロジェクトCReAMの6月定例会 >>