海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
なないろコンサートと…
県立熊野古道センターで開催されている、藍染工房そめやなないろ展で、なないろのコンサートがありました。

別件で海山区に行った帰りに立ち寄りました。
c0010936_0444878.jpg
なないろコンサート


2曲ほどが聴けて、なんとか間に合いました。
藤本さん夫婦のやさしいギターの音色にほっこりしました。

ところで、展示されている藍染の見た目の素晴しさを、もっと展示の仕方で表現できないものかと感じました。ひと目で全ての展示が見えてしまうので、ワクワク感やドキドキ感がありません。目移りするような展示よりも、その先に何を見せてくれるのかの期待が持てるような展示ができないものでしょうか?
c0010936_045544.jpg
ささやかな宝物


新しく制作されたCDを購入しました。これがまたカフェに合う音楽なので、今も贅沢に聞いているところです。

なないろのコンサートは、昨年秋に矢浜で開催したのが尾鷲で初めてでした。ちょうど、灯りのみちイベントでの開催で、幻想的な灯りの中でのコンサートは、今日以上の人出で賑わいました。それだけに、今日の参加者の少なさと、まちなかでの広報の少なさが比例してしまっている気がしました。

何より気がかりなのは、昨年のイベントでは、ささやかではあるが出演料をお支払いしました。今回は入場無料ということで、もしも出演料の発生がないとすれば、地域限定的に活動しているなないろの相場を壊してしまうことになりかねません。

ここだけの話ではなく、彼らの話だけでもありませんが、イベントで出演する人たちには、ささやかであってもきちんと出演料を支払うのがマナーであり、イベント主催側の都合で無料にすることに、非常に抵抗を感じてしまいます。

イベントを盛り上げ、時間と労力と、持てる技術を特技として披露するのだから、それ相当の対価を支払って当たり前と感じるほうです。ときとして、出演料無料という話を耳にするので、主催側の意識向上には努めて欲しい気持ちが強いです。

この地域で活動する出演者たちは、自分たちから要求することに気後れがあります。それは、主催側に、「出してやるから無料で」、「金がないから協力して」との気持ちを伝えるからです。しかし、彼らにも生活があり、ささやなかな小遣いは、時間的な拘束をみても当然です。

ただでさえ少ない活動家を支えることは、何よりも文化伝統の継承につながります。なないろの音楽だけでなく、この地域で活動するものすごいバイタリティーを、私たちがつぶしてしまうようなことがあってはなりません。ましてやそのような立場の人たちが…

そんなことが頭をよぎりながら、ギターの音色を聞いています。

by kurage874 | 2008-07-07 01:13 |  owaseを愉しむ
<< そうだ、みやちとーるにも自慢し... 岡智之によるスケッチ先募集につ... >>