海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
北京五輪も終わって…
今日の尾鷲は曇り空です。小雨も時おり降ります。
それと、だいぶ暑さもなくなって、朝方は寒いくらいです。
こういった感性は、季節を感じる国ゆえなので感謝、感謝。

北京五輪終わりました。
蓋を開けたら…って感じで、まま順調だったのでは?
しかし、それがまた異様でもあり、本当の中国はこれからなんだろうなって思います。中国国内で、テロなんて起こらないだろうって考えてましたが、情報社会や蓋を仕切れない現実や、上級層の腐敗とか、急成長の裏側を見てるようです。隣の国だけに、アジアの一員だけに、今後の動向にも注視しています。

日本選手の活躍にも一喜一憂しましたが、各国のコーチなどに日本人がわりといることにも驚きました。シンクロなどは、スペインも中国も日本人のコーチでした。表には出てこなくとも、海外青年協力隊などの体育部門の協力支援で、その後の競技人生を送るようになった選手もいるようです。日本だけを見ると、メダルだなんだとせせっこましい話題になりますが、こうやって日本人の考えや素質が世界で通用していることには嬉しい話題です。

「戦争をするくらいならスポーツで競いましょうよ。もちろん、それは真剣勝負で。」

このくらいの感じで見てると、スポーツのスバラシサが伝わってきます。飛躍しますが、国同士の競い合いといっても、日本で生産された食材や生活用品など、生粋の日本製のみで育った日本人なんていないので、どこかで諸外国の製品を身に着けたり食べたりしている時点で、海月たちは地球人の枠を越えてないんですよね。だから、真剣勝負のあとは、地球人同士で健闘をたたえあえばよいわけで…

そういった意味で、五輪はそれを確認する祭典なのだと思い込んでいます。もしも、火星人とか木星人とか、地球外生物との五輪になれば、それこそ地球人の出番です。まあ、これも銀河系のなかだけなので、そう考えていくと、もう悟りの世界ですよね。

「まあ、そのくらいのことなのです。」

あと、できればね、五輪で得た利益は、五輪すら見ることのできない人たちにも還元して欲しいものです。

by kurage874 | 2008-08-25 11:42 |  クリーム日記
<< 第3回 第21号編集会議 大同楽座通信が発行されています >>