海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2006年 11月 06日 ( 7 )

尾鷲市は南北に長い~須賀利~
尾鷲の北端は、須賀利(すがり)である。

ここへは、車でも行くことができるが、紀北町海山区を通過しなければならない飛び地になっている。それと、1日往復4本の巡航船が、この地区の重要な手段であるのだ。以前、owasebonでパンダちゃんが紹介していたので、一度は乗船したいと思っていた。

須賀利といえば、この地区の風景画を中心に、長年撮影を続けている北出正之さんのことは外せない。北出さんは、須賀利に魅せられたアマチュア写真家で、つい最近も、尾鷲中央公民館で写真展を開いたばかりである。また、鳥羽市の海の博物館でも写真展を開催中であるから、その写真点数の多さがお分かりかと思う。

北出さんの写真そのままの景観が、海月が訪れたときも拡がっており、小型漁船が係留されている港は、生活環境が、海と船で形成されていることを物語っていた。堤防で囲まれた内側には、車がやっとこさ通れる道路と、さらに内側に1本の生活道路が続いている。その生活道路に繋がっている狭く急な階段は、あちこちから触手を伸ばすようで、段差のある通路で結ばれている様子は、なんだかアミダくじのようにも見えてくる。

そのアミダくじの間には、歴史のある建物が残っているが、かなりの確立で空き家が多い。

高齢化も急速に進み、67歳の今も鯛の養殖をしているおじさんは、「わしが若手やんでな」と苦笑いをしていた。その日焼けしたしわくちゃな顔と、無骨な手を見せていただくと、苦労しながらも淡々と生活している歴史の積み重ねを、無言で証明しているようだった。おじさんが言うように、須賀利の鯛は、養殖でも飛びぬけて美味しいことを、以前に戴いて食べたのを思い出した。

それは、透き通った波止場の海水の透明度を見ると、一目瞭然である。

コバルトブルーの熱帯魚が泳ぎ、ウニに似たガンガゼが底にへばりついているのが見えるのだ。沖には、その鯛の養殖いけすが見えた。おじさんのいけすは、もう少し沖にあるとのことだった。

路地をあちこち歩き回り、小物や商品を売る商店が以外と多いのに驚き、息を切らしながら上り下りしているうちに、長い階段を登りきった先にある、お寺にたどり着いた。ここからの眺望は、まさに風光明媚な絶景で、しばし疲れを癒してもくれた。遠くに見えていた巡航船が、汽笛を鳴らしながら須賀利港に向ってくるのが見えて、海月は再び階段をそろそろと下った。

お待ちかねの巡航船に乗ると、私以外の乗船者は4名で、隣り合わせたおじさんが、「20分もかからんと尾鷲港につくでな」と、声をかけてくれた。「これがのうなったら、わしらのような車をもたん人間は困るでな」と、生活に密着している巡航船を愛おしそうに見回していた。しかし、この乗船数の少なさと、須賀利の現状を考えると、このままではいけない気がした。
c0010936_23504873.jpg


須賀利も尾鷲市であり、このまま限界集落になるのを待つだけではいけないなと思った。

by kurage874 | 2006-11-06 22:30 |  owaseを愉しむ
尾鷲市は南北に長い~九鬼~
九鬼の町は、ブリの大敷で有名である。

その昔は、大量に獲れたブリで、まちの道路が埋め尽くされた記録も見たことがある。ブリで成功した家が多いのか、重厚で贅沢なつくりの家も多く、ここも路地や階段の狭さや多さに圧倒されてしまう。

そして、九鬼に来て外せないのが、虎巻(とらまき)である。

数箇所の製造工場があるが、九鬼中学校にいた頃は、錦花堂の切れ端を集めた虎巻の袋詰めをよく買っていた。今日は、遅かったせいもあるのか、店のショーケースにはもうなかった。しかし、ここだけでなく、九鬼の虎巻は、それぞれにこだわりがあって食べ比べも楽しい。

九鬼の祭りも独自性が強く、この地域ならではある。

こうも、祭りに変化があるのは、浦々で囲まれていて、海を通してしか交流が無かったのも、影響しているのかもしれない。祭りを初めとする独自の文化は、ここでも健在である。

それにしても、九鬼の路地も奥に広い。

車道を隔てた裏に、貫くもう一つの道があって、これに山手に続く階段が繋がる構造である。しかし、その階段は、奥に続く階段であったり、直接玄関先に続いたりもするから、間違えて上がってしまうことも多かった。こじんまりして見えるのだが、軒が重なるように家々が続いているので、実際の個数は見た目よりも多いはずである。

海月が好きなガラス窓も多く、摺りガラスも健在である。建具の細工も手が込んであり、どの家も立派な面構えをしている。この狭い路地に、よくもこれだけの材を運んだものだと考えたりする家も多い。九鬼は、飽きない景観が満載である。ぜひ今度は、カメラでおさめて歩いてみたい。

しかし、しかし、海岸線の道路は、何の柵もないから、間違って落っこちないか心配するのは、外部の海月だろうかいな?対向車を交わすとき、海側だといつも緊張してしまう。なのに、地元の方が路駐をすると、その海岸線ギリギリに車止めするので、これも一種のゲイジュツである。
c0010936_23553263.jpg


それに、その眼下の海には、熱帯魚だけでなく、太公望が釣りたいと願う魚も、時として見ることができる。玄関開けたら10秒で魚釣り。こんな贅沢なまちも、独自の文化で守られている。

by kurage874 | 2006-11-06 01:56 |  owaseを愉しむ
尾鷲市は南北に長い~早田~
数年前に、九鬼中学校でお世話になったとき、この漢字が読めなかった。

「はいだ」という早田のまちは、国道からチラッと見えるだけで、けっこう海寄りに下っていかないと、まちをみることができない構造になっている。それは、隠れ里のようであり、日本版おとぎの国といったところか…

漁協が中心にあって、向って右側に家並みが山の上方に続いている。

思ったよりも開放感があって、圧迫感を感じさせない眺めであるけれど、路地や急な階段は、この地域独特のつくりである。家々には、海に関する道具が軒に吊り下げられていて、落ち着いた感じがするのは、昔のままの景観が残っているからだと、同じ色の瓦屋根を見て感じた。

夕方だったこともあり、ひっそりとはしていたが、それまで祭りを数箇所で見ていたことも影響したのかもしれない。この落ち着きようが、海月には心地よく感じた。

日曜日で閉まっている漁協の階段には、我が物顔で毛づくろいをしている黒白のぶち猫がいて、チラッとこちらを見ただけで、自分の作業に専念していた。それも、このまちの落ち着きを演出させていたのかもと思うと、少し微笑んでしまったのだった。

by kurage874 | 2006-11-06 01:36 |  owaseを愉しむ
尾鷲市は南北に長い~三木浦~
三木浦も、今日は港で祭りが行われていた。

向ったときは、すでに後片付けを始めていたが、ハッピ姿の子ども目に付いた。
アルコールが入ったのか、機嫌のよいおじやんたちも、顔をしわくちゃにさせて陽気である。このような風景には、自分のような部外者は、なんとも居場所が無い感じもするが、恐る恐る話しかけていくと、あれやこれやと気さくに話を聞かせてくれた。

大漁旗の船団を見ると、勇壮な海の男を連想するが、その影で支えているお母さんたちの肝っ玉の太さも、話をしているとひしひしと感じることができた。三木浦は、国道から眼下に広がっているので、反対に下から見上げると、けっこうな家が軒を連ねているのが実感できた。その狭い路地を、子どもたちが器用に駆け上がって行くのを見ながら、同じような場所であっても、浦々ごとに、独自の文化が広がってる気がした。

できれば、もう少し早くに来て、祭りを外部の目で味わってみたかった。
できれば、国道に続く路地や階段を、子どもたちのようにはいかないやろけど、駆け上がってみたかった。しかし、祭りの後の喧騒に、海月は圧倒されていたのかもしれない。その気後れした勇気の無さに、少し自分が情けなかった。

ここに住んでいない以上、海月は部外者でしかないが、こういった漁村といわれる環境も、一度は体験したくなったのも事実だった。どこででも同じであるが、外部の目と、当事者としての目を、海月は求める性格なのかもしれない。

三木浦の路地とまちは、なんだか海月に哲学的な意識を投げかけてくれた気がした。
c0010936_0225100.jpg



by kurage874 | 2006-11-06 01:16 |  owaseを愉しむ
尾鷲市は南北に長い~三木里~
三木里の町は、以前も歩いて感動した。

その時は、萬太屋で手打ち蕎麦の会席を楽しんだ次いでであったが、三木里も国道から奥が深く、昔の様式の家もまだまだ残っている。特に、昔の銭湯の名残の家から、萬太屋に続く坂道の家並みは、独特の世界観に浸ることができるスポットである。

気がかりなのは、ご多分に漏れず、空き家が多いことであるが、手入れをしているところも多いので、年中行事の都度、風を通しているのかも知れない。その路地を歩いてみたが、なげない古いものでも、普通に利用している生活環境の不変さに、この地区の誇りのようなものを感じた。

まちの誇りというのは、そこに住んでいる人たちの歴史の積み重ねであり、その歴史に曇りが無いという自負が、誇りとなって継承されている気がしてならないのを、ここ三木里では感じることができる。

前回の訪問で、山茶の栽培を見せていただいた。
小高い山の中腹からは、雄大な太平洋が広がっており、ほのかな潮風と、山からの吹き降ろしの風を受けて、山茶は昔と変わることなく青々と茂っていた。この地域の番茶は、ほとんどが山茶を手積みし、釜入りし、手もみし、乾燥されてできる、自家製の和製烏龍茶でもある。海月の実家も、同じような製法で番茶を作っているが、この地域独特の文化とも言える山茶の栽培と製法を、今後も受け継いで行く使命があると思う。

八十川の上流には、三木里インターが建設中である。

ここができることにより、三木里へのアクセスも便利になり、三木里海岸も利用客が増えるかもしれない。また、名柄地区には、海洋深層水の製品化工場も稼動しており、周辺の環境整備と地域の人たちの共生が、今後の課題になりそうな様相も見え始めている。しかし、閉校した北輪内中学校など、負の財産といわれる施設も、使い方や企画によっては、この周辺環境とのタイアップにより、三木里は様変わりする可能性も秘めているといえるのではないだろうか?

もしかすると、三木里は、暗い話が多い海岸部の新たな脱却を、率先的にしていく地域になるのかも知れない。そのときに、遺されている歴史ある財産は、大きな役割を果たすことに、間違いないと言えよう。
c0010936_003516.jpg



by kurage874 | 2006-11-06 01:01 |  owaseを愉しむ
尾鷲市は南北に長い~古江~
古江には、県や市の施設が集中している。

県の水産試験所には、稚魚の生体観察や飼育が行われているそうで、一度は見学したいものだと思っている。また、市が命運をかけて建設した海洋深層水の取水施設と販売施設であるアクアステーションも、前回見学に来たばかりである。

海洋深層水は、以前に四国遍路で歩いた室戸岬で、その内容を知った記憶があるけれど、ここ尾鷲でも手に入れることができるとは、なんだか嬉しいものである。生涯学習や総合学習に利用できそうな調理施設や、この地域の漁業を知ることができる資料館があるのも、使わない手は無いように思えた。

昨日の古江は、国道311号線を練り歩く、祭りの最中で、多くの市民が沿道で声援をあげたり、ハッピ姿のお姉さま方が、手踊りしている中を、少々遠慮しながら通り過ぎた。市場の周辺には、祭り櫓も置かれており、御輿や祭囃子が、このまちの文化を大勢の市民と共に、継承している姿を垣間見ることができた。

地域の祭りは、独自の文化と賑わいを引き出す、最大の文化力であることを、今日の古江をみて再認識することができた。それは、同じように祭りがあった、三木浦でも感じた。過疎化や少子化とか、暗い話がこの地域には多いが、それでも人は残り、文化の継承を脈々と続けている。しかし、野放しではいけない。この文化力は、地域とともに継承していく方法も、考える必要があるのかも知れない。
c0010936_23563888.jpg



by kurage874 | 2006-11-06 00:40 |  owaseを愉しむ
尾鷲市は南北に長い~賀田~
賀田は、この周辺ではもっとも大きなまちである。

昔は、賀田湾のアサリ掘りが楽しみの一つで、小さい頃から家族ででも来ていたが、今日は、漁船で浅瀬までやってきた3人の孫らしき子どもと大人たちが、アサリ掘りでもしているように見えた。

賀田といえば、一度は立ち寄って欲しい食堂がある。

以前は、賀田の入り口にあったが、今は、まちで唯一の交差点がある近くに移っている、「ゆみ食堂」である。ちょうど、お昼時のよい時間だったので、移ってから初めてお店に入った。

セルフサービスであるが、冷水と熱いお茶と麦茶が用意され、メニューは、ここでしか食べれないような定食が満載である。「いわしの刺身定食」なんてのは、今や高級魚の贅沢定食なのに、1,000円でお釣りがくるから、お財布にも嬉しいお店である。

魚系の定食に目を奪われながら、食堂=カツ丼みたいな雰囲気になってしまい、大ぶりのカツとトロトロ卵のどんぶり飯を、心ゆくまで堪能した。一緒にいた仲間の、いわし定食やカキフライ定食も、今度目のリストに入れておこうと決めた。

賀田のまちも、急勾配の坂と段々家が山の上まで続いており、右へ左へ階段や路地を登って行くと、てっぺんの道路に出ることができた。しかし、しかし、ここからの賀田湾の景色と、屋根瓦が軒を連ねる景観は、後世に遺していきたい絶景である。自然環境の絶景はよくあるが、脈々と受け継がれてきたまちの絶景は、かけがえのない財産である。

また、賀田のまちなかにも、海月が好いて止まない、昔のガラス窓が多い。

歪んで見える景色は、しばし眩暈も起こしてしまうが、割れても小さく済み、取り替えることが容易な格子状の窓ガラスは、これがあちこちにあるだけで、なんだか嬉しくなってしまう。建物に、昭和を感じさせるつくりが残っているのにも、ついついカメラをむけたくなってしまう。

旧道まで下ってきて、甘いものを調達と、みのや製菓舗に歩いてみたが、どうやら日曜定休だったようで、六方焼きは次回へのお楽しみとなった。次回は、カメラ片手に、路地の階段や置かれた素焼きの水カメを、撮り歩いてみたいと思った。
c0010936_23574119.jpg



by kurage874 | 2006-11-06 00:19 |  owaseを愉しむ