海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2007年 02月 25日 ( 1 )

owasebonが続くわけ…
owasebon、発行して第11号になります。

一昨日の編集会議で、3月に第12号の発行目処もつきました。
この号が発行されると、2周年になります。感慨深いもの、あります。

ここまでの道のりで、資金調達と人材確保が大変でした。

資金調達の方法は、「広く浅く少なくても」の精神で、楽座楽市やイタダキ市など、資金調達できる場を提供していますが、参加状況などみても、なかなかしっくりきていないのが現状です。この仕組みは、スタッフで参加してもらうと、利益の一部を有償ボランティアとして支払います。この費用を、寄付として還元する仕組みです。

そこで、現在の制作費の内訳は、50%が広告料、20%が寄付、20%が助成金、10%が入稿料となっています。このうちの寄付には、さきほどの有償ボランティアの費用が入っています。しかし、割合的には微々たるものです。

全体の20%を占める助成金も、owasebonの性格上、必要な資金源ですので、外すことは考えにくいです。また、外す場合は、この20%をどこで補うかを考えないといけません。

しかし、一番大変なのが、人材の確保です。

資金調達でも、裏方のスタッフでも、人材は必要不可欠です。owasebonを制作するにあたり、編集会議・記者・編集作業・製本・配布・資金調達・会計など、多くの作業が必要です。この作業に、どれだけの人材が係われるかによって、owasebonとしての安定度が左右されます。

記事を出すだけの人が増えてしまうと、それ以外の作業に支障が出るのは当然ですし、全てに係わることは、参加している年代の職業や環境などみても、今が精一杯かも知れません。それでも、誰か一人が苦労が集中している、もしくは特定のスタッフのみに負担が大きいという構造は、その誰かが抜けた場合に、今後の活動の継続にも支障が生じます。

無理しながら続ける事業ではないので、総意がなければ、廃刊や休刊の声も出てくるかも知れません。いや、そのときは、勇気を持って声に出します。実際には、その声を上げるまでには、まだまだ時間がありそうです。現状では、資金的には第18号前後まで発行できます。

ここまでネタ証しをしたので、owasebonが続くわけが、未来永劫でないことと、反面、未来永劫続くこともできることを知っていただけたかと思います。

owasebon第12号にご期待ください。

by kurage874 | 2007-02-25 20:31 |  owasebon制作委員会